« Spencer WigginsはSweet? | Main | 胸キュン三人組 Lovelites »

Syleenaシカゴから南へ

SyleenaJohnson_chapter3Syleena Jhonsonの三枚目となる新作"Chapter3"で、また彼女に唸らされた。

歌はもちろんしっかりしているが、それ以上に何かがある。そのなにかをソウルと呼ばせてもらってもいいだろう。
彼女がデビューしたとき「あのシル・ジョンソンの娘」ということが話題になったが、親の七光りは悪いことじゃない。
彼女は確かにソウルを父親から受け継いでいる。

デビュー以来、R.ケリーがバックアップしている。
ここに僕はシカゴ・ソウルの現代やら伝統を感じている(そう思いこみたい)。

しかし今作ではアンソニー・ハミルトンとのデュエットを収録。
言うまでもなくアンソニーはアトランタのR&Bシーンの暗黒面(ディープ)を牽引する男だ。

さらにネタ使いも小憎い。
"Bull's-Eye"ではフィラデルフィアのBlue Magicの"Sideshow"を使う。
そしてさらに"Classic Love Song"という曲。
どこかで聴いたネタだと呻吟すること数十分。
何度も口ずさんで発見。
これはマンハッタンズの"There's no me without you"だ!

マンハッタンズのホームをいちおうニュー・ジャージーだとしておくと、ミシガンを発しイーストコーストを経由してアトランタまで、シリーナの歌旅を楽しめるというわけだ。

う~ん無理がある?

|

« Spencer WigginsはSweet? | Main | 胸キュン三人組 Lovelites »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/7612916

Listed below are links to weblogs that reference Syleenaシカゴから南へ:

» Creme De La Creme / Various Artists * 2003 Warner UK [音系戯言]
 決して京都のシュークリーム屋の監修ではありません。安価で名コンピ連発のWarnerから出された、副題に「Philly Soul Classics and Rarities」と付けられた編集盤です。フィリーソウルっていう [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 11:49 PM

« Spencer WigginsはSweet? | Main | 胸キュン三人組 Lovelites »