« レア盤 Brief Encounter | Main | 極甘! Robert Winters »

今年のお初 Billy Paul

bp2006年の初買いはビリー・ポールの「360度」でした。

ソウル・ファンの方だったら「えっ」と思われるかもしれない。
持ってて当たり前のお皿です。

自分のことをマニアだと思ったことは一度もない。レア盤に対する憧れもないし、CDでリイシューされればオリジナルの7インチが欲しいとも思わない。

そうじゃなくて若い頃はある種のリスク回避でレコードを買っていた。
いつでも買えるものは今日じゃなくてもいい、でもこのお皿を今日買わなかったら次がないかも?
加えて、ありふれたお皿はバーゲンになる可能性も高いし----。

結果として僕のレコード棚は、マニア風になっているのは確か。
レア盤(買ったときは普通だったんだけど)が混じっている割にベーシック盤が揃っていない。

しかし人生の折りかえり点を過ぎ、はや初老の域に達する身となれば、そうした前非を悔い、いまさらながらのお皿をぼつぼつと買っているというわけ。

さて本題。
ビリー・ポールはジャズのフィーリングを持ったシンガーだ。
"Me and Mrs.Jones"という不倫ソングを大ヒットさせ、エディ・ホールマンらと並ぶ、スウィート・バラディアとしての人気を得るが、その当時の年齢も高く本質的にはソウル・シンガーではないのだと思う。

そうした視点で聴けば、キャロル・キングやエルトン・ジョンの曲のカバーというのにも違和感がなくなり、なかなかに楽しめる内容のアルバムだった。
また"Me and Mrs.Jones"はフィリー・インターナショナルの最初の全米No.1ヒット。その後の進撃を踏まえるとソウル史上の意義も高い。

言い訳ですけど、ソウル・スナックでこのアルバムをまるごと一枚聴いたこともあるし、"Me and Mrs.Jones"はフィリーのベストで持っているし、まったく今回がはじめてじゃないですよ~。

ちなみにこのお皿、600円でした。
やはり20年待って正解だったな。

|

« レア盤 Brief Encounter | Main | 極甘! Robert Winters »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/8091683

Listed below are links to weblogs that reference 今年のお初 Billy Paul:

« レア盤 Brief Encounter | Main | 極甘! Robert Winters »