« 小粋なMcKinley mitchell | Main | Ron Banksのソロ »

Dramatics 1996年のアルバム

Dramatics_TryLoveAgainこのブログをはじめて2ヶ月。

ソウルという規定があるだけで時代もカテゴライズも無視した、その日の気分=「棚からひとつかみ(org.山下達郎)」の皿について書くので誰も関心を払ってくれないだろうと思っていたのだが、世の中には奇特な方がいらっしゃる。

コメントからたどって、素晴らしいドラマティックスのサイトを知った。
The Dramatics Official Fan Site
こんな充実したコンテンツを今まで知らなかったのは、ひとえにネットを活用していないからで不明を恥じているが、とにかくドラマスに関しては何でもわかるグレイトなサイトである。

ところがそこでも一枚存在が「?」になっているアルバムがある。
1995年の"Gimme Some Good Soul Music"というもの。

廉価版で売られているような安易なベストじゃないかという気もする(タイトルが臭い)。

しかしここで気になることが、あるにはある。

1996年に彼らがリリースしたCDシングルである。

"Try Love Again" (Bellmark 74530-2)

収録曲はこの"Try Love Again" のみ、インストを含む5つのバージョンが収録されている。
このジャケット裏に
"Taken from the album:Organized Kaos Hour 2"と記載があり、収録のなかにはアルバム・バージョンと記されたミックスもある。

アルバムが出るよと言ってシングルに書きながら、実はアルバムがリリースされなかったという例は多いので、やはりこんなアルバムは存在しないという可能性はある。
少なくともドラマスのアルバムとしてはお目にかかったことがない。

ただ、このアルバムタイトルが気になる。
"Organized Kaos Hour 2"ってことは「1」があるってことじゃないか。
これは実在する映画のサントラとかコンピ盤といったものなのかもしれない。

そんな謎を楽しみながら(たいてい真実を知るとおもしろくもなんともない)聴くこのシングルの内容だが、実にもう素晴らしいものだ。

曲がいい。濃厚にして甘いミディアムテンポのバラード。
冒頭にロン・バンクスのファルセット。
そしてレニー・メイスがそれを引き継ぐ。彼の役目は落語で言う「膝がわり」、相撲で言う「露払い」。
真打にして大関、L.J.レイノルズのバリトンが続いて炸裂するのだが、このカタルシスはレニーがいればこそ。
ファルセットとバリトンの絡み、そしてウィリー・フォードの重低音というだけでも凄いが、レニーがその間を取りなすからこそ、ドラマスは史上最高のコーラス・グループだった。

1996年当時、このシングルを繰り返し聴きながら、やがて登場するアルバムに思いを馳せていたことを思い出す。

ドラマスについて語ると、現在はどうしてもレニーについて言及せざるを得ず、なんとも寂しい気持ちになるが、今日は僕にとっても思い出の品をスキャンして、そんな暗い気分を拭いさろう。
1994年の名古屋でのライブのフライヤーである。
画像をクリックすると大きく表示されるのでお楽しみください(誰が?笑)。

Dramatics_flier

|

« 小粋なMcKinley mitchell | Main | Ron Banksのソロ »

Comments

Sugerさん、すごい、すごいです!
こんなアルバム、よくぞ見つけましたね〜。私は全然知りませんでした。このアルバムを手に入れるのは、絶対的に難しいと思います。でもちょっとがんばってみようかしら・・・。
ところで、例のサイトは「Official」ではなく、「Unofficial」なんです・・・。とほほ

Posted by: nasa | February 04, 2006 at 12:37 AM

>nasaさん

誤解なきよう念のために。
画像はCDシングルのものです。アルバムは持っていません(おそらく存在しないと思っています)。

もしこのシングルお持ちじゃないようでしたら、ぜひご連絡ください。
soulful@kne.biglobe.ne.jp

Posted by: Sugar Pie Guy | February 04, 2006 at 08:24 AM

Sugarさんってあのニフティで番頭をなさっていたシュガーさんですか?

そのCDシングル、懐かしいです。。

Posted by: Naoya | February 09, 2006 at 05:37 PM

Naoyaさん、お久しぶりです。
ずっとソウルを聴き続けてきましたが、その間、HPをはじめては途絶したり、ブログも大上段にかまえて疲れてしまったり----
この勝手気ままな「一日一枚」が身の丈にあっているようです。
Naoyaさんがいらっしゃったので、今日(2/9)はWee Geeについて取り上げます。是非お読みください。

Posted by: Sugar Pie Guy | February 09, 2006 at 10:23 PM

やはり、シュガーさんでしたか。

僕は、今でもHP続けています。 メインはBBSですが、HPもチョコチョコとアップ・デイトしています。
中尾さんも色々あったけど、なんとか元気で遊んでいます。 それから、Mr. Pitifulさんも、たま~にですが、書き込んでくれています。 あとは、ニフティー時代のぐれんさんやよしきね。 相変わらず、シングル中心の話題になっていますが、引越しを経験しても続いています。
 
Wee Gee、亡くなっちゃったんですよ。 2000年2月22日。 そういえば、今月彼の命日があるんですねぇ。。

それから、今日、ここのあちらこちらにコメントを入れました。 失礼かと思ったけど、知っている事は、出し惜しみしませんから、今後も宜しくね。

Posted by: Naoya | February 09, 2006 at 10:36 PM

>Naoyaさん
相変わらずご活躍ですね!
コメントありがとうございます。
ご承知の通り(笑)面倒臭がりで、資料等を調べないのでNaoyaさんのご教授は本当にありがたいです。
ぜひよろしくお願いします。

Posted by: Sugar Pie Guy | February 10, 2006 at 07:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/8464687

Listed below are links to weblogs that reference Dramatics 1996年のアルバム:

« 小粋なMcKinley mitchell | Main | Ron Banksのソロ »