« ソウルクラシック Alicia Keys | Main | Dramatics 1996年のアルバム »

小粋なMcKinley mitchell

MickenlyMitchellマッキンレー・ミッチェルと言えばチムニービルから出した"The end of the rainbow"を含むアルバムというイメージが強いと思う。

それは70年代のサザン・ソウルの秀作だったが、この人はもともとシカゴのシンガーである。

シカゴのOneDerfulに録音を残しており、それは以前P-VineからLPにまとめられていた。
そのカタログも廃盤となり、この時代のものは聴くのが難儀だったが、このたび米国でCDにまとめられた。
P-VineのLPが12曲だったのに対し、倍の24曲である。そんなに録音があったのか。

内容は、いわゆるアーリー・ソウル。
ソウルという音楽がはっきりしない時代でもあり、当時はマッキンリー"ソウル"ミッチェルと、わざわざソウルを入れて名乗っていたくらいだ。

まだ熟し切らない(ずっと熟し切らないようなサウンドだったが)シカゴの音との相性はいい。
「熱い」ソウルを求める人には物足りないかもしれないが、こういう小粋さもソウルの一つの表情だ。

残念なのはジャケット。
これはチムニービル時代の顔写真だろう。
P-Vine版で使っていた当時のものを使うほうが雰囲気が出たのだが。

|

« ソウルクラシック Alicia Keys | Main | Dramatics 1996年のアルバム »

Comments

McKinley Mitchellに「小粋」という形容詞がつくとはちょっと面喰らうが、
私などは喉から血反吐を吐きながら絶叫するシンガーというイメージだったので。
All of a Sudden とか I'm So Glad とかの強烈な喉バイブレーションね。
その昔「都市の黒人ブルース」という本で、ボビー・ブランドが本物の現代のブルースであるのに比較してマッキンレー・ミッチェルは「クライ・シンガー」としてやや軽く扱われていたけれど。コマーシャルで品格に劣るというようなニュアンだったとう気がする。その頃はまだ日本磐としてLPは出ておらず英磐のコンピのジャケがソウル・オン誌に掲載され、なんとか聴きたいものだと憧れていたっけ。だからOne-der-ful! や chess の45を手に入れて聴いた時は感激したものです。1976年頃の話です。

Posted by: frisco | February 09, 2006 at 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/8421186

Listed below are links to weblogs that reference 小粋なMcKinley mitchell:

« ソウルクラシック Alicia Keys | Main | Dramatics 1996年のアルバム »