« エロ親父 Marvin Sease | Main | 熱いシカゴ Otis Rush »

ジャンプでござる Roy Brown

RoyBrown_DeLuxeたまにはソウルから離れたブラック・ミュージックも取り上げよう。

Roy Brownは1940年代のジャンプ・ブルースの人である。

ジャンプという音楽を簡単に言えば「ビッグ・バンドの奏でるジャズをバックにしたR&B歌唱」ということになる。
(歌がないジャンプもあるし、ビッグバンドじゃないスモール・コンボ演奏のもあるのだが、敢えて簡単にね)
めっぽう楽しく猥雑なダンス・ミュージックであるとも言える。

ルイ・ジョーダンという偉人がいるが、その次くらいに有名なのがこのロイ・ブラウンとワイノニー・ハリス。
共にKINGに録音があり、二人の曲をカップリングしたLP「Battle」シリーズはジャケットもナイスで有名。
当時はまだライブ会場(ダンス・ホール)のマイクとかPAが弱かったためだろう。
ジャンプのシンガーは、だいたい声が大きい人が多い。
その声の大きさでもこの二人は代表格だ。

さて、僕はいっときこのジャンプにはまったことがあるのだが、最近はちょいと聴く機会がなかった。
そこに登場したのがこのCD。
まだ未CD化だったDeLuxe録音が収録されている。

Deluxeと言えばニュー・ジャージーのレーベルでマンハッタンズが70年代初頭に2枚LPを出しているが、もともとはジャズのレーベルだったようで、ずいぶんと古くから存在していたわけだ。

内容はいつも通りのロイ・ブラウン。
その勢いを前にすると「悪かろうはずがない」。

聴きようによってはジャンプというのは現在、最高にお洒落でイケている音楽として響くよなぁ。

|

« エロ親父 Marvin Sease | Main | 熱いシカゴ Otis Rush »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/8633040

Listed below are links to weblogs that reference ジャンプでござる Roy Brown:

« エロ親父 Marvin Sease | Main | 熱いシカゴ Otis Rush »