« L.J.Reynoldsのソロ その2 | Main | L.J.Reynoldsのソロ その4 »

L.J.Reynoldsのソロ その3

LJReynolds_Godspell91年録音のこれはゴスペル・アルバム。

僕は50年代までのビンテージ、特にカルテットのゴスペルは聴くのだが、クワイヤというのが苦手。
ただL.J.ほどのバリトンがリードするなら、クワイヤもバックコーラスとして悪くはない。

さらにモダン・ゴスペル風の曲だけ聴けばR&Bと変わらないというナンバーもあり聴きやすい。

聴きものは"Jesus Is My Kind Of People"。
グラディス・ナイトとデュエットしている。
やっぱ、ええですわ、グラディスは。
L.J.の侠気をグラディスが包容する。
「暴れん坊将軍」の「め組」の頭とそのおかみさんのようだ(なんだ?)。

"Ain't No Mountain High Enough"では珍しいL.J.の語りが聞ける。
正直あんまり「語り」はうまくないです。
朴訥という表現にしておきましょ。

バラード調の"How Great Thou Art"は心配したが最後までクワイヤが出てこず(笑)、R&Bとして聴ける素晴らしい出来。

全体として、シンセドラムがパンパンという80年代のソロ作よりサウンドが落ち着いている分、今聴いても違和感が少ないだろう。

|

« L.J.Reynoldsのソロ その2 | Main | L.J.Reynoldsのソロ その4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/8510215

Listed below are links to weblogs that reference L.J.Reynoldsのソロ その3:

« L.J.Reynoldsのソロ その2 | Main | L.J.Reynoldsのソロ その4 »