« Forever! Lew Kirton | Main | NY参上 Lew Kirton »

蜃気楼 The Invitations

Invitationsここで紹介するのは知っている方なら、とうにお見通しのブートLP。

ルー・カートンが在籍していたThe InvitationsはN.Y.のSilver Blueに4枚のシングルを残している。

僕がコーラス・グループのレコードを集めはじめた頃、先輩からこの4枚は探せば手に入るし、グループ・ファンであれば基本的なアイテムだよと教えられたことがある。
しかし、あまりの人気にこのブートLPが作られ、安直にこれを買ってすませてしまった。
以来、コレクターとは無縁のお手軽リスナーでここまで来てしまった。

ちなみに僕のメモを見たら、このLPを1991年5月16日、大阪へ遊びにいったついでに寄った堺のサムズで買っていた。
このブートを作ったのは東京の某店で、堺まで行ってなぜと今の人は笑うだろうが、昔は情報も流通も現在とは比べものにならなかった。

くだらない話はここまでとして、肝心の内容だが、音質を別にすればおそるべきものだ。

N.Y.のレーベルからリリースされたが録音はフィリーだろう。
フィリー特有のサウンドに当時全盛を極めたコーラス・スタイル。
だがルーの歌はそのなかであまりに重い。
その鋼鉄の歌は圧倒的ですらある。

ただ、よく聴くと彼の歌は若さゆえの硬さがある。
歌の凄さで、Invitations時代のルーを最高とする人も多いが、僕はこの点で与しない。

だがそれにしても4枚のシングルに一曲として駄作がないのにはおそれいる。

さて、このInvitationsには昔から、幻の噂がある。
Silver BlueからLPが出ているのではないかというのだ。

現在にいたるまで誰もこのLPを入手していないのだからガセに決まっているのだが、実は僕もあるバイヤーの人からこんな話を聞いている。

その人が黒人仲買人と電話でレコードの仕入れの話をしていたとき、相手がInvitationsのLPを買わないかと言ってきたというのだ。
勘違いじゃないかと探りを入れたところ、こんなジャケットだと電話口で説明したという。
もちろん今日とりあげたこのグリーンのものではない、4人がポーズをとっているジャケットだという。
結局値段がおりあわず(ブートの可能性もあるので)商談が成立しなかったというのだが、う~ん。

蜃気楼を見て走りより幻とわかったときの幻滅感を味わうよりは、こういう話はこのままにしておいたほうがいいんでしょうね。


※今日紹介したLPは9曲を収録している。Invitationsは4枚のシングル=8曲に、なぜかルー・カートン名義のシングルを一曲追加している。これも不思議なことだ。

※僕の知る限り、Invitationsは英国のフィリーコンピで一曲がCDになっているだけだ。現在最もCD化が望まれるグループだろう(CDになっているよという情報があればお教えください)

|

« Forever! Lew Kirton | Main | NY参上 Lew Kirton »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/8798600

Listed below are links to weblogs that reference 蜃気楼 The Invitations:

« Forever! Lew Kirton | Main | NY参上 Lew Kirton »