« 連休頂戴します Crazyレア盤 | Main | マニアックなベスト Curtis Hairston »

80年代名盤 Curtis Hairston

Curtishairston80年代後半から90年代にかけて、「歌えるシンガー」というカテゴライズが存在した。

「歌えるシンガー」とは妙な表現で、歌えないシンガーがいたらお目にかかりたいものだが、その当時のいわゆるブラック・コンテンポラリー=略してブラコンの画一的な歌い方に食傷していたソウル/R&Bファンが、一歩踏み込んだ歌表現ができるシンガーを、そう呼称したわけだ。

グレン・ジョーンズ、シェリックなどを筆頭に、後で振り返ってみれば「いつの時代も素晴らしいシンガーはいた」という当たり前の事実を再確認できるが、今日紹介するカーティス・ヘアーストンもその一人だった。

リズム・ナンバーで抜群のノリを聴かせるシンガーで、聴けば聴くほど巧さがわかる。
80年代における、ディープな歌い手と形容してもいいのではないか。

しかし「歌えるシンガー」の殆どがそうだったように、シーンで長く活躍することは叶わなかった。
その不運が、ソウル/R&Bファンにとって愛おしさに変化する。

カーティス・ヘアーストンはノース・キャロライナ出身。
N.Y.のPrety Pearlでのリリースをキャリアの皮切りに、B.B.&Q.バンドに加入。85年の"Genie"で優れた歌唱を聴かせる。

そして86年、Atllanticと契約。ソロ・アルバムを録音する。

Curtis Hairston Curtis Hairston (Atlantic 7-81693-1) -1986-

今改めて聴いてもこれは傑作だ。
楽曲、サウンド、そしてカーティスの歌のいずれも優れた水準にある。

しかし、彼にその後はなかった。
(90年に録音があるという情報があるが)

これだけの歌を残した男である。まだまだもう一花咲かしてほしい。
昨今のデジタルの進化=インディーズの活況があればそれは可能だと思う。
それとも、もう世俗は捨てて教会で歌っているのかもしれないが----。

|

« 連休頂戴します Crazyレア盤 | Main | マニアックなベスト Curtis Hairston »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/9796286

Listed below are links to weblogs that reference 80年代名盤 Curtis Hairston:

« 連休頂戴します Crazyレア盤 | Main | マニアックなベスト Curtis Hairston »