« 音楽の力 Curtis Mayfield | Main | 連休頂戴します Crazyレア盤 »

本日休業 Still Crazy For You

Stillcrazyforyouソウル一日一枚は都合により本日休業とさせていただきます。

先頃出版された「コミック・バンド全員集合」に、松任谷由実がクレイジーキャッツと一緒に歌う企画があると書いてあり気にはしていた。

しかしこんな素晴らしいプレゼントになるとは!

不覚ながら、聴くたびに、そして特典のDVDを観るたびに涙してしまう。


ハナ肇の葬儀でインタビューを受けた植木等は思わずクレイジーキャッツの解散をほのめかしたが、しかしその後解散は保留された。

そして2006年、こうしてクレイジーキャッツとしての録音が生まれたのである。
これで彼らの最後の録音は「実年行進曲」ではなくなった。

ナベプロ50周年企画とのことだが、渡辺プロの黎明期はまさにクレイジーキャッツと一心同体だった。
渡辺晋、萩原哲晶、青島幸男、そしてクレイジーの面々、才気溢れる者たちが集うことで世界の音楽史に永遠に残るコミック・ソングの傑作が生まれていった。
スパイク・ジョーンズなくしてクレイジーサウンドはなかったかもしれないが、今聴いても不滅なのはクレイジーなのだ。
「スーダラ節」のイントロで豆腐屋のラッパが鳴り響くのは、ブライアン・ウィルソンが「ペット・サウンズ」で自転車の呼び鈴を鳴らすより早かったのだ。

ナベプロ50周年はクレイジーキャッツ(前身のキューバンキャッツから)の歴史にも近いのだ。


さらにこの企画がすべて美しく正しい。
ジャケットは10インチ。
そう十吋(トインチと読んでほしい)盤。

そこで使われている写真のなんと美しいことよ。
立っている女性はザ・ピーナッツじゃないの?
そんなことを言っていては駄目。
2006年のクレイジーキャッツの相手はユーミンでいいのだ。

でもハナ肇はいない。石橋エータローも、安田伸も。
しかし、なんとこの曲"Still Crazy For You"のドラムはハナ肇の叩いたものをサンプリングして使っている。

ここまでやってくれたら。
「かたじけのうて涙こぼれる」でしょ。


曲がまたいいんだ。
ユーミンの曲をこんなに真剣に聴くのは荒井由美時代以来。
松任谷正隆のアレンジも素晴らしい。
そう、「シャボン玉ホリデー」のテーマはホーギー・カーマイケルの「スターダスト」だったよね。

そして特典のDVD。
レコーディング風景が納められていて、歌う谷啓のしょぼしょぼした目、犬塚弘がベースを弾くところ、おっとスキンヘッドの桜井センリがブロックコードの三連を叩いている、そして植木等が語りを入れる-----。
涙腺がゆるみっぱなしです。

この十吋ジャケット、特典DVDは初回限定盤だけらしい。
諸君、急ぎたまえ。

なお本日のジャケット画像を奮発して大きくしておきました。クリックしてお楽しみあれ。


|

« 音楽の力 Curtis Mayfield | Main | 連休頂戴します Crazyレア盤 »

Comments

いやー、私の紹介したCDがこれほど喜んで取り上げてもらえるとは・・・。なんだかこちらまで嬉しくて感動してしまいます。

Posted by: sistercancer | April 27, 2006 at 09:21 PM

ごぶさたしてます。(アダチです・笑)
わー!これ、明日買います!
あーよかった、SOULOGチェックしてて(笑)

Posted by: thin-p | April 28, 2006 at 12:07 AM

>sistercancerさん

この企画は知っていたんですが初回限定盤がこんなに豪華だとは。
教えていただかないと買い逃すところでした。

Posted by: Sugar Pie Guy | April 28, 2006 at 12:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/9787999

Listed below are links to weblogs that reference 本日休業 Still Crazy For You:

« 音楽の力 Curtis Mayfield | Main | 連休頂戴します Crazyレア盤 »