« 早すぎる代表作 Willie Hutch | Main | 引っ張りすぎ? Willie Hutch »

傑作? Willie Huch "Midnight Dancer"

Williehutch_midnightdancerjpgいやあ、こうしてブログを更新することを課しているといいこともあるもんですねぇ。

Willie Hutchについて書いているうちに、実は聴いていないWhitfield盤があることを思い出し、デジタル化をかねて聴いてみた。
そうしたら、これがいいんだ。

Midnight Dancer Willie Hutch (Whitfield 3352) -1979-

僕が苦手のノーマン・ホイットフォールドのレーベル、その名もWhitfieldから出ているんで敬遠していた。
そんな聴きもしないお皿を買ったのは、ひとえにジャケットが良いから。

いちおう言い訳しておくと、最初から聴かない気持で買ったりはしない。
そのうち聴こう聴こうと思いつつ、いつのまにか忘れてしまった----というだけ。
いや~よくあること、よくあること(←org.谷啓)。

まずプロデュースは苦手のノーマン・ホイットフォールドじゃなくて、ウィリー・ハッチ自身。
しかし良い意味でノーマン・ホイットフォールドのフレイバーがある。
曲によってはウィリー・ハッチの声がデニス・エドワーズ風であったりする。

ハッチの歌は、サム・クックをベースとしながら、時代や曲によって表情を変える。
ただし時として没個性となり、この人は器用なのか不器用なのかわからない。

だが、このアルバムでは溌剌としていて気に入った。
1979年という、ソウル・ミュージックが輝いていた最後のぎりぎりの秀作だ。

あと、先に紹介した2枚のベストCDにはこのアルバムからは一曲も収録されていない。
ベストの一枚はMotown盤なので当たり前だが、全時代を網羅したExpansion盤にもWhitfield盤からはもう一枚のアルバムから収録があるだけ。
ということはベストCD持っている方も要チェックってことですね。

しかしジャケットいい。
知らずに見たらソウルだとは思わないだろうが。

|

« 早すぎる代表作 Willie Hutch | Main | 引っ張りすぎ? Willie Hutch »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/9786462

Listed below are links to weblogs that reference 傑作? Willie Huch "Midnight Dancer":

« 早すぎる代表作 Willie Hutch | Main | 引っ張りすぎ? Willie Hutch »