« 偉大なるマンネリ The Whispers | Main | 出会いの縁 Al Hudson »

スケベ心 Marvin Gaye "Let's Get It On"

Marvingaye_lets_specialスケベなCDである。

まっこうからHを歌った"Let's get it on"が、ではない。
ここで紹介するデラックス・エディション(CD2枚組)がスケベなのだ。

このデラックス・エディションは3種類が出ている。
ほかに"What's going on"と"Midnight Love"が出ている。
これらは全てスケベである。

それぞれ、まずオリジナル盤のリマスターが収録され、さらに制作過程のテイクや、収録されなかった未発表曲、関連曲などがぎっしりと収まっている。

そんなものを聴こうとする姿勢がスケベだと思う。

この3枚は、アーティストとしてのマーヴィン・ゲイが産み出した至高の作品である。
完全主義者の彼が作品として問うたもので飽きたらず、その裏側を知りたい----
これは女性のスカートの下を覗いてみたいというのと同じではないか。

そんな憤りを抱きながらも、俺ってスケベなんだよね~。


さて、最初にこれだけは特筆しておかなければならない。

これは犯罪的にヒドイぞ!

実はここでオリジナルとして収録されているもののうち2曲は、全然オリジナルとは違う。
ディレッタントな違いではなく、すぐに気が付くほど歌が異なっているものが、オリジナルと銘打たれて納められている。

これはスケベ云々とは次元の違う犯罪だし、マーヴィン信者にとっては冒涜だ。

いったいどうしてこんなことが、まかり通ってしまったのか。
音楽業界に対し不信にならざるを得ない。


大上段にふりかざしてしまったが、ここからはスケベ話で。

ソロとしてのマーヴィンの歌のなかで、僕が最も好きな一曲"Please Stay (Once You Go Away) "のAlternate Mixに胸をうたれる。
ほんの僅かなサウンドの違いなのだが、最終的なミックスを「幽玄」とすれば、ここにはR&Bとして「ますらおぶり」が感じられる。
中盤左のチャンネルで響くホルン(トロンボーン?管楽器に弱いので不明)がやがて消され、当初は右にあったストリングスが持ってこられる----など興味津々。やはり俺はスケベだ。

そして、このCDの価値を決定的に高めているのが、"Just To Keep You Satisfied"。
この曲はもともとマーヴィンがMotownの他のミュージシャンのために書いた曲だったのだ!
二つのグループに歌わせたものの陽の目を見ず、最後に自分で作品として形にしたというわけ。

その未発表版が共に収録されている。
The Monitersが最初で1968年(リチャード・ストリートが歌っている)。
そして1970年のThe Originals。

このオリジナルズ版が素晴らしい。
Motownにいることで却って実力を過小に評価されてしまったグループだと、しみじみ思う。
ファンタスティック・フォーのように、早い時期にMotownを離れたほうが良かったのかもしれない。

マーヴィンはこのオリジナルズに相当力を注いでおり、そのグループに対する不当な扱いも後にマーヴィンがMotownと対立していく原因になっているかもしれない(おっと、これは僕の妄想)。

それにしても、マーヴィンは素晴らしい。
R&Bにとって歌力は最大の魅力だが、それとは異なる立脚でもう一つの魅力を証明してみせた。
これを僕は偉大だと思う。

|

« 偉大なるマンネリ The Whispers | Main | 出会いの縁 Al Hudson »

Comments

そうそう、死人に口無し、マニアにとってはこんな有り難いものはないが(もちろん持ってるよ)、俺なら絶対聞かれたくないなあ。けつの穴のしわまで見られる感じだよ〜。身内か権利を持った人が売ったんだろうな。

しかし腐ってもMarvin、さすがである!

Posted by: Hidekichi | April 19, 2006 at 01:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/9657585

Listed below are links to weblogs that reference スケベ心 Marvin Gaye "Let's Get It On":

« 偉大なるマンネリ The Whispers | Main | 出会いの縁 Al Hudson »