« 83年の The O'Jays | Main | 街の灯 The Manhattans »

82年の The O'Jays

Ojays_myfavoriteやや昨日は消化不良気味の紹介だった。

オージェイズの83年のアルバムには迷いがあったということなのだが、昨日書いた通り、その前年82年のアルバムは傑作だと思っている。
この僅か一年の間の違いが、今から思えばソウルの時代の終わりを明示しているように思う。

My Favorite Person The O'Jays (Phil. int. FZ 37999) -1983-

まずサウンドがいい。
フィリーの良質な部分は残しながら、80年代らしいファンク味もある。

曲もいい。
ライターがバラエティ豊かで、バニー・シグラー、マクファデン&ホワイトヘッド、セシル・ウーマック、これにメンバー自身の自作を加え、もちろんギャンブル=ハフ作品もある。
これと比べると昨日紹介した83年アルバムは全曲ギャンブル=ハフ、偉大な時代を築いた彼らもさすがに疲れたのかもしれない。

そしてもちろんオージェイズの歌は全開。

リアルタイムで聴いたということもあり、僕にとってオージェイズで最も好きなアルバムである。

いまから振り返れば「僅か数年」だが、この後オージェイズは不調期に入ったように感じられた。
それが一転したのが1987年、"Let Me Touch You"であり、そして90年代、息子のジェラルド・リバートによって新たなポジションでシーンに復活する。
そんな話も、またいずれ。

|

« 83年の The O'Jays | Main | 街の灯 The Manhattans »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/10323072

Listed below are links to weblogs that reference 82年の The O'Jays:

« 83年の The O'Jays | Main | 街の灯 The Manhattans »