« イナたい Bay Area Funk2 | Main | ブートライブ Wilson Picket »

前作 Bay Area Funk

Bayareafunk昨日の前集、2年前に出た第一集。

 古いソウル/R&Bのなかでもブームがある。スウィート・ソウル、P-Funk、フリー・ソウルといったジャンルが脚光を浴び、無名だったレコードが驚くほどの高値になったりした。そして今の流れはファンクだ。
 ここでいうファンクは、P-Funkでも、JBでも、スライでも、もちろんE,W&Fでもない。7インチシングルを主戦場とする、つまりマイナーなバンドやシンガー。

 ファンクはワンコードが延々と続くシンプルな楽曲である。テクニックがなくても演奏として成り立ってしまうところがある。大事なのはリズムなのだが、個々のメンバーが多少怪しくても全体としての勢いがあればいい。
 もちろんそんなレベルのファンクは二流だし、これまではよほどのソウル・ファン以外ゴミ同然の扱いをしていた。

 ところがブームに気づいて聴いてみると、これがいいんだな。下手な連中でも、そこは黒人であり、そして時代の勢いがある。なんとも下世話なグルーブがある。

 この感覚は60年代のサーフィン&ホットロッドのガレージ・バンドに近いようにも思う。(無茶苦茶下手くそなバンドが輩出した。普通に聴くとがらくただが、一度はまると抜けられないらしい)

 これまでは未開拓のジャンルがブームになったということで、コンピレーションCDもいくつか出ている。
 そのなかでも出色の出来が今日紹介する「ベイ・エリア・ファンク」。

Bay Area Funk various (Luv N'Haight LHCD043) -2004-

 なにせ知識が不足しているのでファンクと言えばオハイオ=中西部というイメージだったのだが、サン・フランシスコ、ペニンシュラという地帯にもあったんですねぇ。

 どれも同じようなワンパターンという思いこみも全く違っていて、オルガンを使ったり、ワウワウギターをメインにしたり、ホーンだったり、歌があったりとバラエティに富んでいて聴いていて飽きない。
 すっかりこのブームに舞い踊らされてしまった感がある。

|

« イナたい Bay Area Funk2 | Main | ブートライブ Wilson Picket »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/10411718

Listed below are links to weblogs that reference 前作 Bay Area Funk:

« イナたい Bay Area Funk2 | Main | ブートライブ Wilson Picket »