« 困ったことだ Freddie Jackson | Main | 苦Mix The Isley Brothers »

なんじゃこれ? Isley meets Bacharach

Isleymeetsbacharach それぞれ好きな食い物だからといって同時に口に入れて、うまいという保障はない。それが音楽だったらどうだろう。

 バート・バカラックの書く曲は大好きだ。余談だが「失われた地平線」という70年代の映画がある。何度も映画化されているが、オリビア・ハッセーが出たミュージカル仕立てのバージョン。この映画のサントラLPは昔、随分探して買った。
 バカラックの映画サントラでは「何かいいことないか子猫ちゃん」とか「カジノ・ロワイヤル」が知られているが、これもいいですよ。

 そしてもちろんロナルド・アイズレーが嫌いなわけがない。

 だが、この両者が出会ってしまったら?つまりロニーがバカラックの曲を歌ったら、どんなことになるのだろう。

 こんな馬鹿なことを普通の人は考えない。それは水と油のように、あるいはtwo way streetのように交わるはずがないからだ。ところが、それを考えた人間が二人もいた。

Here I Am Isley meets Bachrach Ronald Isley (DreamWorks B0001005-02 IN01) -2003-

 実はこのアルバムにはしばらく手が出ないでいた。
 あまりに聴くのが怖すぎる。
 天然物の若鮎の塩焼きを、チーズ・フォンデュにして食べるような感じ----もしかして、うまいかもしれないと思うと余計に怖い。

1. Alfie
2. Raindrops Keep Falling on My Head
3. In Between the Heartaches
4. Make It Easy on Yourself
5. House Is Not a Home
6. Look of Love
7. Count on Me
8. This Guy's in Love With You
9. (They Long to Be) Close to You
10. Anyone Who Had a Heart
11. Love's (Still) The Answer
12. Here I Am
13. Windows of the World

 ところが、まさにその悪い予想が的中?
 これがいいんだ。

 ロニーの歌が驚くほどバカラックの曲にあう。あのアイズレー・ブラザースのミスター・ビッグスが----という先入観が最初は居心地悪く感じさせるが、聴き進むと、その巧みな歌に違和感がなくなっていく。

 このアルバムが素晴らしいのは、バート・バカラックがプロデュース、アレンジ、そしてオーケストラの指揮もしているからだということがあると思う。
 実は両者の個性ががっぷりと四つに組んだわけではなく、バカラックの総監督の下でロニーはシンガーに徹している。それが良い作用をもたらせている。

 R&Bでもソウルでもないが、この組み合わせに興味があるのなら聴いて損はない。
 僕と同じように怖くて敬遠していた人がいるかもしれないので、強調しておこう。


 ※7と11は新曲。21世紀になってバカラックの新曲が聴けるというのは耳福也。

|

« 困ったことだ Freddie Jackson | Main | 苦Mix The Isley Brothers »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/10651554

Listed below are links to weblogs that reference なんじゃこれ? Isley meets Bacharach:

« 困ったことだ Freddie Jackson | Main | 苦Mix The Isley Brothers »