« 常識? Bill Coday | Main | 騙された The Escorts »

再登場 Bill Coday

Billcody_cantgetenough ソウルの時代は久しくなったが、未だに歌い続けているシンガーは多い。

 どうしても全盛期の喉や声を維持するのは難しい。残酷だがソウルとはそういう音楽なのだ。
 今日取り上げるビル・コデイの復活盤もその例外ではないが、しかしそれを差し引いても忘れがたいインパクトを与えてくれた。

Can't Get Enough  Bill Coday (Ecko ECD 1008) -1997-

 ビル・コデイもビンテージ期から20年、爆発する喉はもうなく、歌もときとして「よたる」。
 しかし、もとが力のある人だから、それでも十分聴く価値がある。

 さらにバックがいい。
 本来ならホーンで埋めてもらいたい音をシンセで代替しているものの、メンフィスのEckoスタジオでの生音のサウンドはぐっとくるものがある。

 ブルースも数曲歌っているが、この人のブルースはソウル・ファンが聴いても悪くないものだと思う。

 謎なのはジョージ・ジャクソンの手になる"Not A Word"。女性とデュエットしているがクレジットがない。冒頭でお互いの名を呼びあうのだがよく聞きとれない。残念ながら「ハイ、デニス」とは言っていないようだ。

 興味深いのはO.V.ライトの曲を2曲取り上げていること。"Ace Of Spades"はサウンドから歌いかたまでO.V.マナー。Galaxy時代も「8メン4ウイメン」を歌っていたし、O.V.を敬愛しているのだろう。

 ところで僕はこの1997年CDがコデイの復活盤だと思っているのだが、95年になにかリリースしているという情報もある。どなたかご存じの方は教えてください。
 どちらにせよ、このあとは精力的に活動し5枚もCDアルバムをリリースしている。ご同慶の至りである。

|

« 常識? Bill Coday | Main | 騙された The Escorts »

Comments

>>95年になにかリリースしているという情報もある。どなたかご存じの方は教えてください。

これかな?

(ECKO ECD 1003) BILL CODAY - SNEAKIN' BACK @1995

この頃は、未だ新譜買っていたから持っていた。。 わはは。。

Posted by: N | July 31, 2006 at 04:12 PM

>Nさん

ご教授ありがとうございます。
90年代半ばのインディ円盤をNさんが買っていたとは---ささやかに驚きました。
※日本に戻られてからですか?

Posted by: Sugar Pie Guy | August 01, 2006 at 03:25 PM

この頃って、niftyに居たんだよねぇ。。
95年リリースだから、あれからもう12年は経ってんだぁ。。。 早いねぇ。。 わはは。。

Posted by: N | August 01, 2006 at 05:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11115274

Listed below are links to weblogs that reference 再登場 Bill Coday:

« 常識? Bill Coday | Main | 騙された The Escorts »