« すごいんだけど Candi Staton | Main | 驚いた Phillip Mitchell »

思い出の Prince Phillip Mitchell

Phillipmitchell_devastation 歴史的名盤ではないのだろうが、大好きなアルバム。

 王子様だったころのフィリップ・ミッチェル1986年の録音。既にソウルの時代は過去のものとなっていた時期だが、マッスル・ショールズで録音されている。

Devastation Prince Phillip Mitchell (Ichiban ICH 1004) -1986-

 サザン・ソウルにシンガー・ソング・ライターの要素を足して割った、というのが僕にとっての彼の印象。フレデリック・ナイトや、クラレンス・リードと似たポジションだが、もっともっとシンガー・ソング・ライター色が濃いイメージ。

 その彼の持ち味が最大限に発揮されたのがこのアルバムだと思う。1986年というのは、ソウルの時代から離れた難しい時期だが、それが良いほうに作用した希有な例かもしれない。
 とにかく曲がいい。バラード、ミディアムと気持よいままに一枚を聴き終わってしまう。

 このアルバムには私的な思い出があり、それも聴くたびに切なくなる理由。(どんな思い出かは秘密)

|

« すごいんだけど Candi Staton | Main | 驚いた Phillip Mitchell »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/10955275

Listed below are links to weblogs that reference 思い出の Prince Phillip Mitchell:

« すごいんだけど Candi Staton | Main | 驚いた Phillip Mitchell »