« レジーのいない The Escorts | Main | 檻の中から The Escorts »

ヨレ男 Reginald Haynes

Reginald グループを離れたレジーのソロ・アルバム。

 エスコーツ、あるいはレジナルド・ヘインズは実に不器用だと思う。

 まずレパートリーが少ない。たまたまレコードとして残っているものがそうだからなのかもしれないが、カバーが多く、しかも何度も再録音する。
 さらに、レジーのジャケット用ポーズは両こぶしを構えたボクサースタイルであることが多い。1992年のアルバムでもそうだったし、このソロ・アルバムの裏でもそうだ。

On wings of love  Reginald Haynes  (Escort 001) -1986-

 考えてみれば不器用だから犯罪に手を染め、刑務所暮らしを余儀なくされたんだろう。そして、その不器用さはレジーの歌にも現れている。

 いつもこの表現ばかりだが「ヨレて」いるのだ。

 あのポーズからして、ボクサーあがりでパンチ・ドランカーの症状が出ているのかもしれないとすら思える。
 しかし、そのヨレがスウィートさに直結してるので、もしぴしっと折り目正しい歌いかただったら、おもしろくないシンガーで終わっていたろう。

 また彼は、ある点で真面目なんだとも思う。
 このアルバムを出したレーベルをEscortとし、92年の復帰アルバムでも、このソロ・アルバムで歌った曲をグループで吹き込み直している。離れてもエスコーツにこだわり続けていたということだ。

 だが、それにしてもジャケットに描かれた女性は何者なんだろう?ロッテンマイヤーさんみたいな怖さを感じるんだが。

|

« レジーのいない The Escorts | Main | 檻の中から The Escorts »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11119665

Listed below are links to weblogs that reference ヨレ男 Reginald Haynes:

« レジーのいない The Escorts | Main | 檻の中から The Escorts »