« ヨレ男 Reginald Haynes | Main | チープの極み The Winstons »

檻の中から The Escorts

Escorts_allweneed エスコーツの1stアルバム。自慢げに日本盤を取り出してきました。(画像をクリックすると拡大します)

 厳密にはリアルタイムではなく、1976年にテイチクから出ている。(原盤は1973年)

All We Need Is Another Chance  The Escorts  (テイチク UXP-686-CN)

 原盤はAlithia AR-9104だが、この日本盤はContempo経由で入ったもののようだ。

 エスコーツのデビューの逸話は有名で、ジョージ・カーが奥さんのリンダ・ジョーンズらと刑務所の慰問に行ったところ、素晴らしい実力の囚人たちのグループがいることを知り、デビューさせたそうだ。
 もちろん実力以外に、話題性があることも睨んでいただろう。この1st、あるいは2ndのジャケットは話題性だけを追っている。

 しかしその話題性など問題にならないくらい内容がいい。

 この1stの時代はメンバーは9人で、そのうち歌うのが7人もいる。娑婆のショービズでは考えられないリッチな構成。税金で暮らす囚人ならではだろう。
 その厚みのあるコーラスに、ヘタウマなレジナルド・ヘインズの太い声が乗る。

 カバーが殆どだが、特にジョージ・カー自らが手がけたオージェイズの曲は、オリジナル以上。ジョージ・カーにとってもリベンジを果たした気持だったのではないか。

|

« ヨレ男 Reginald Haynes | Main | チープの極み The Winstons »

Comments

Escorts 私は1974年に2枚目の3 Down 4 to Goを先に手に入れました。1枚目は1976年になってから買いました。何故かな〜?
一番好きな曲は Let's Make Love (at Home Sometimes) です。これは私のスイート・ベストに入るドリーミィー・ナンバー。ただしこの1974年にはMark 4 と Dynamics の2大スーパー・グループ アルバムを手に入れたのでEscorts の印象はあまりよくありませんでした、、、。

Posted by: frisco | July 28, 2006 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11119866

Listed below are links to weblogs that reference 檻の中から The Escorts:

« ヨレ男 Reginald Haynes | Main | チープの極み The Winstons »