« 再登場 Bill Coday | Main | レジーのいない The Escorts »

騙された The Escorts

Escorts_backtolove エスコーツの新作が入ったというので、喜んで入手した。

 正直なところ内容は期待できないだろうという予感はあったが、まさかこんな形で肩透かしを喰うとは---

 ジャケットが全く異なるが、これは1992年に出た(アナログLP)"Back To Love"とまったく同内容なのだ。
 たしかに今回のものも"Back To Love"と書かれており、勘違いしたほうが悪いのだが。

 自主流通らしく、一枚のジャケットがあるだけ。CD-Rだと思う。
 ただ、最大のセールス・ポイントが書かれていないのはどうしてだろう。
 この"Back To Love"はジョージ・カーのプロデュースなのだが、それがクレジットされていない。ジョージ・カーが絡んだ新作と伝われば、もっと間違えて買う日本人が増えると思うのだが。

 その代わり、原盤LPに記載されていた曲のタイトルの誤記が訂正されている。
 "Oona'o"という不思議な曲名で、これはリードのレジナルド・ヘインズのソロLPに入っていた自作曲。それをエスコーツとしてリメイクしているのだが"Oon'o"とクレジットされている。当時から妙に思っていたのだが、今回のCDでは元に戻っており、誤記と判明した次第。胸のつかえがとれたようで、騙されたような気分も幾分晴れた(自分が悪いだけなのだが)。

 肝心の内容だが、 レジナルド・ヘインズは全盛期よりさらにヨレており、サウンドもへなへな、つまりよれよれの内容。しかしそれがスウィートだと感じるのも確か。
 毎度ながらカバーが多く、「ヒプノタイズド」、「サラ・スマイル」などを歌っている。

 参考のためにオリジナルLPのジャケットを掲載しておく。(クリックすると拡大します=このブログのジャケットはすべて72dpiで120mm角に拡大されます)

Escorts4th

 ※現在までの彼らの最新の録音は、懐かしのソウル・ショーのステージを録音したライブだろう。P-Vineから出ている2000年のコーラス・グループが集ったコンサート録音のなかで聴くことができる。

|

« 再登場 Bill Coday | Main | レジーのいない The Escorts »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11118301

Listed below are links to weblogs that reference 騙された The Escorts:

« 再登場 Bill Coday | Main | レジーのいない The Escorts »