« ゴスペル歌手 Al Green | Main | 暑い Don Varner »

素晴らしい Barry Mann

Barryman_layitallout 今日は「ソウル一日一枚」臨時休業とし、SSWを取り上げる。

 SSWってのは「シンガー・ソング・ライター」の略。いつも書いていることだが、若い頃からソウル/R&Bばかり聴いてきて、ロックという白人音楽が苦手。そのなかでビーチ・ボーイズのようなコーラス主体のグループや、SSWは割と好き。ただ、あんまり詳しく知っているわけではない。

 今日紹介するのはバリー・マンの1stアルバム。

Lay It All Out Barry Mann -1971-

 バリー・マンは作詞のシンシア・ウェルスと組んだコンビが有名な作曲家で、数多くの60年代ポップスを生み出してきた。
 その彼が、70年代SSWの波のなかで自作を自演する----この構図ではキャロル・キングが有名で、実は余芸に過ぎないだろうと聴いたことがなかった。
 最近、お世話になっている先輩からセカンドの「サヴァイバー」を聴かせてもらい、それが良かったのでびっくり。あわてて1stを入手した次第。

 本当にアサハカでした。

 素晴らしい。普段ギャングスタなR&Bや、ドス黒ファンク、濃密スウィートな世界ばかり聴いている身には、心にしみます。

 名曲が多いなか、ドリフターズの大ヒット「On Broadway」の、シンプルなアレンジによるセルフカバーが特にぐっときました。
 う~ん、やっぱりブラックネタにいっちゃうな。

|

« ゴスペル歌手 Al Green | Main | 暑い Don Varner »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11176816

Listed below are links to weblogs that reference 素晴らしい Barry Mann:

« ゴスペル歌手 Al Green | Main | 暑い Don Varner »