« 歌巧者 Jackie Wilson | Main | 凄いコンピ The Knight Brothers »

コパの夜 Jackie Wilson

Jackiewilson_copa_1 ジャッキーを「黒いエルビス」と呼ぶことがある。

 しかし、これはピンとこない。エルビスがジャッキーの歌唱を真似たことは確からしいし、そのつながりからジャッキーもエルビスにシンパシーを感じていたというが、ジャッキー・ウィルソンを白く塗ってもエルビスにはならない。エルビスの特に初期の魅力は、音程がちょいとフラット気味になることで、その危うさがロックンロールだと思う。しかしジャッキーの音程は正確無比。

 ただ、後年に振り返ったとき、共に無駄な録音をしすぎたという側面はあるだろう。軍隊に入る前のエルビス、あるいはロンリー・ティアドロップスのジャッキーが最高だという教条主義から言えば、ラスベガスのエルビスや今日紹介するコパのジャッキーは資質の無駄使いとするのかもしれない。

 だが、エルビスの物真似が殆ど「エルビス・オン・ステージ」時の白いフリフリ衣装を着ているように、エルビスが世界に記憶されたのはむしろラスベガスのパフォーマンスだったと言うこともできる。
 同じく、60年代に一流のナイトクラブでコンサートを催しライブ録音まで残した黒人R&B/ソウル・シンガーは、ジャッキーとサム・クックしかいない。それは後に続く黒人に、あるいは白人リスナーに大きな影響を残しただろう。

 そして、そんなお題目は別に、このコパのライブはなかなか素晴らしい。

At The Copa Jackie Wilson (Brunswick BRU 81006-2)
※番号はオリジナルではなくCD盤

 落ち着いたサパークラブ然の出だしから、ジャッキーは完璧。ジャズあり、ラテン風味あり、しかしその歌の端々にソウルが静かに燃えている。
 それが後半になると大き炎をきらめかせる。大ヒット"Night"から、"Doggin' Around"、"To Be Loved"といった代表曲、そして"Lonely Teardrops"で爆発。
 しかし、そのままの破綻で終わらせないところがジャッキーらしく、最後は落ち着きのあるまとめ方で、一夜のステージを終える。

 ソウルとして聴くのは辛いが、ジャンルを無視すればなかなかのもの。

 ただ、それにしても、ジャッキーの振り返ってみれば短かすぎるキャリアのなかで、モータウンと絡んでいたら、カーティス・メイフィールドと絡んでいたら、そうでなくても同じレーベルのユージン・レコードやカール・デイビスともっともっと交わっていたら---と夢はつきない。
 やはり僕も教条主義者なんだな。

|

« 歌巧者 Jackie Wilson | Main | 凄いコンピ The Knight Brothers »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11315345

Listed below are links to weblogs that reference コパの夜 Jackie Wilson:

« 歌巧者 Jackie Wilson | Main | 凄いコンピ The Knight Brothers »