« いきすぎ Spirit Of Memphis | Main | シカゴ発新人 Krystylez »

最高にスリリング Southen Sons Quartette

Southernsonsquartette 昨日に続いてビンテージ期のゴスペルを取り上げる。

 ゴスペルはソウル・ミュージックの源である。ただし当の黒人にとっては両者は明確に異なる。神を称えるか、女性に愛を囁くかという違いは、信仰が深いほど大きな隔たりを見せる。

 その違いがなかなか我々日本人にはぴんと来ないのだが、ひとつ確かなのはソウル・ファンでゴスペルを熱心に聴く人は少ない。なかにはオールマイティなファンもいるんだろうが、僕もその例外ではなく、どうもゴスペルには二の足を踏んでしまう。

 しかし今日取り上げる、サザン・サンズ・カルテットはソウル・ファンにこそお薦めできる。

 とにかくスピーディ、激しいリズムをコーラスだけで作り出していく。その声のバトルは、破綻すれすれのところにある。このままいったら、どうなっちゃうんだろうという臨界点を突っ走る。つまりスリリングなのだ。

 これが時代の勢いなんだろう。やはりビンテージ期のカルテット(ゴスペルのカルテットは必ずしも4人編成を指さない)は別格ということか。

 ところでこのグループにはロスコー・ロビンソンが在籍していた。ちなみに昨日紹介したスピリッツ・オブ・メンフィスにはジョー・ヒントンがいた。共に全盛期の主要メンバーではなかったようだが、それでもそういうネタを知ると、ゴスペルも身近に感じられる。

|

« いきすぎ Spirit Of Memphis | Main | シカゴ発新人 Krystylez »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11579158

Listed below are links to weblogs that reference 最高にスリリング Southen Sons Quartette:

« いきすぎ Spirit Of Memphis | Main | シカゴ発新人 Krystylez »