« ロックンロール The Coasters | Main | その後の The Coasters »

乱脈 The Coasters

Thecoasterslp コースターズについては昨日取り上げたライノの2枚組CDが決定版だが、今日は僕がはじめて買った彼らのLPをネタに。

 1980年に出た日本盤で、中村とうようさん、桜井ユタカさんお二人の監修。コースターズの全盛期のベストで、ライノ盤CDにすべて収録されているので、いまとなっては有り難みが少ない。ただジャケットが素晴らしい。バックの鉄骨とジェット・コースターの線路のようなイラストは、そのままライノのデザインに取り入れられている。

 曲について書き加えることがないので、ざっと彼らの歴史を追っておこう。

 1955年、ザ・ロビンズを名乗り、既にレイバー&ストーラーのもとSparkからシングルを出している。
 "Smoke Joe's Cafe"が初録音。
 当時のメンバーは資料により人数も異なっており、このSpark時代は6人組だったという記録もある。
 レイバー&ストーラーがAtlanticに招かれるのと一緒に彼らも移籍するが、その時点でまずメンバーの入れ替わりがあり4人組で、コースターズを名乗ることになった。

 アトランティック傘下のAtcoから"Down In Mwxico"を放ったのが1956年。
 57年に二人が入れ替わり、58年また二人が替わる。全盛期を過ぎた61年、69年、73年にもメンバーチェンジが記録されている。
 ただし全ての時代を通じリードはカール・ガードナー。
 メンバーで興味深い人物をあげておくと、シャウターとしてソロ録音もあるオービー・ヤング・ジェシーや、キャデラックスのリードだったアール・キャロル、そして一番我々に馴染みが深いのが(?)ロニー・ブライトというベース・シンガーで、ジョニー・シンバルの大ヒット「ミスター・ベースマン」でボンパパボパパンパンと低音を聞かせている人である。
 
 

|

« ロックンロール The Coasters | Main | その後の The Coasters »

Comments

Robins の録音はもっと遡ります。
1950年前後にSavoy で Johnny Otis により何曲も録音しています。

Posted by: frisco | September 07, 2006 at 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/11796890

Listed below are links to weblogs that reference 乱脈 The Coasters:

« ロックンロール The Coasters | Main | その後の The Coasters »