« ベスト比べ2 Freda Payne | Main | 黒い花から Unifics »

モダンディープ Governor

Governor このところ、ソウルと呼んでさしつかえない歌唱を聴かせる若手シンガーが増えているようだ。

 そのなかで最も成功したのがアンソニー・ハミルトンのように思うが、これがもっと大きな流れになってくれると僕にはありがたい。

 もっともそのすべてが100%素晴らしく感じられるかと言えば、そうではない部分もあるのは確かだが、 70年代にいまさら戻れるわけもなく、そんな欲を言うのは筋違いだろう。

 前置きが長くなったが、このシンガーも気に入った。

Son Of Pain Governor (Atlantic
283700)
-2006-

 なんでもアトランティックのアーネット・アーティガンがべた褒めしているという。そりゃトレイ・ソングスのときのネタと同じじゃないかと突っ込みたくなるが、確かに魅力的なシンガーだ。
 無理に声をはりあげず、しっかりと歌っているとこに秘められたディープさを感じた。

 古いソウルのネタを使っているのも、いつもの手(笑)だが、それに弱い身としては嬉しい。(なんとAct 1を使っている!)

 最後の曲"I Can't"がキャッチーなバラードで、これは必殺。

※今日の皿を知ったのは、よしきさんのブログ、お世話になりました。御礼。

 

|

« ベスト比べ2 Freda Payne | Main | 黒い花から Unifics »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12481327

Listed below are links to weblogs that reference モダンディープ Governor:

« ベスト比べ2 Freda Payne | Main | 黒い花から Unifics »