« 寄席気分その2 Chicago Gangsters | Main | 寄席気分も終わり? Chicago Gangsters »

寄席気分その3 Chicago Gangsters

Gangsters_lifeisnot_1 シカゴ・ギャングスターズの3枚め。

 いつもながら、訳のわからないというか、狙いをはずしまくったジャケット。裏ジャケットにはギャングとおぼしき男が写っており、その男の影が表ジャケットの左側に伸びているという図。

Life Is Not Easy … Without You Chicago Gangsters (Heat 002)-1979-

 プロデュースは前作に続きMac & Mac名義。
 ところが演奏しているメンバーにいるMacが前作と異なる。Sam McCantsはいるが、LeroyとJamesがクレジットされておらず、かわりにChris McCantsという名がある。
 ※1994年に出たMacs & Rumplestiltskin名義のアルバムではChrisとSamの二人がはっきりとジャケットにも写りクレジットもされている。この二人こそがMac & Macなのだろうか。ということは1stのみをLeroyがプロデュースしていたことになるが---

 演奏と書いたが、彼らはコーラス・グループではなく、自前で演奏もこなす大人数のVo-Inst系。
 ただこのアルバムには妙な謝辞があり、「演奏で助けてもらった」としてTom Tom 84や、ドラマーのフィル・アップチャーチなどシカゴの強者連中の名が書いてある。レコーディングで演奏しているのは、彼らスタジオ・ミュージシャンなのかもしれない。

 内容については、いつも通り、良い曲は大変素晴らしく、それ以外もなんとなく聴けてしまう、つまり酒でも飲みながら通して聴くお皿としては最適。

 いつもはバラードが良いのだが、今回は珍しく"Wop That Wandy"というファンクが気に入っている。シカゴらしいクールさが漂っていてかっこいい。

 バラードは最後の2曲で決まり。特に語りから入る"I feel You When You're Gone"は美しい。

 ほかにスティービー・ワンダーの"Sunshine Of My Life"のカバーが入っているが、これが珍奇なサウンドに、猫なで声の歌という気持悪いもの。単につまらないカバーではなく、気持悪さゆえに、つい聴いてしまう---まさに寄席のその他大勢芸人の芸のようだ。

 意識はしていないと思うが、こうした狂ったバランス感覚こそ、音楽芸人としての黒人ならではの感覚なんだと思う。

|

« 寄席気分その2 Chicago Gangsters | Main | 寄席気分も終わり? Chicago Gangsters »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12779636

Listed below are links to weblogs that reference 寄席気分その3 Chicago Gangsters:

« 寄席気分その2 Chicago Gangsters | Main | 寄席気分も終わり? Chicago Gangsters »