« 最後のレア盤? Billy Butler & Infinity | Main | 追悼 ジェラルド・リバート »

81年作品 Gemini

Gemini 昨日のビリバト&インフィニティの関連皿----と表現しては、この二人にちょっと失礼だが。

 そこで書いた通り、小市民ソウル・ファンの僕にとって、ビリバトのお皿は憧れの対象だったが、なかなか巡り会うことができなかった。

 そんな僕に「じゃあ、これを聴いてみたら」と、馴染みのレコード屋の親父が薦めてくれたのがこいつ。ビリバトの曲をカバーしているというのが理由。

Rising Gemini (M&M MM-101AE) -1981-

 ジェミニと名乗るこのユニットはフレッド・ソーイヤーズとカービン・ジョンソンの男性デュオ。バリトンとファルセットを掛け合うのは、K-Ci & JoJoみたいだが、あんなに荒々しくはなく洗練されている。

 ただその洗練というのが、いかにも80年代初頭のもので、十二分にソウル。

 "Something Special"や"Can't throw away a good love"に代表されるミディアムが実に心地良く、ウェストコーストということを考えると、レオン・シルヴァーズ(SOLARのウィスパーズ等を制作)の音作りに似通ったものがあるかもしれない。あれほど特徴的な音ではないが。

 そしてビリバトのカバーは、"I don't want to lose you"。なぜこんな曲を取り上げたのか不思議になるが、二人が好きな曲だったのかな。

 ちなみにこのレコード、最近CD化されたそうです。

|

« 最後のレア盤? Billy Butler & Infinity | Main | 追悼 ジェラルド・リバート »

Comments

>Sugar Pie Guyさん
おおっー、いまSugarさんの記事読んで気がついたー。
GeminiのB-2のナンバーね、Billy Butlerだったんだねー、わかんなかったー。Geminiのほうは黄昏チックだね。

Posted by: ネオンパーク | November 11, 2006 at 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12643215

Listed below are links to weblogs that reference 81年作品 Gemini:

« 最後のレア盤? Billy Butler & Infinity | Main | 追悼 ジェラルド・リバート »