« 1975年最新のAtlantic Soul | Main | 宿願達成! Skindeep »

快挙CD化 Larry Hancock

Larry_hancock やはり21世紀まで生きているといいことがある。ラリー・ハンコックの"Boaderline"(1988)がVividでCD化されるという。

 元Truth、あるいはS.O.U.L.に参加していたことで知られるラリー・ハンコックが、そのキャリアの絶頂期(それがセールスの絶頂期とイコールでないところが悔しい)に世に問うたソロ・アルバム。

 原盤はあまりにレア。さらにCDがフランスでリリースされたそうだが、それも一瞬で姿を消し(その情報に接したときには、もうどこにもなかった)、ソウル界のレア中のレアとして世に知られたアルバム。

 珍しさだけでなく内容も抜群。80年代モダン・ソウルの聴き逃すことはできない名作。

 もちろん僕も内容は知っている。マニアの方からマニアの方へ、Hand To Handでコピーを重ねられたカセットテープで。

 同じような位置づけにあるルー・ラグランが何年も前にCDリイシューされ、気軽に聴けるようになったのに、このラリー・ハンコックは随分と遅れ、もうそのリイシューなんてないのだろうと諦めていた。まさに日本のVividが世界に誇る快挙だ。

 実は僕はラリー・ハンコックに会ったことがある。
 10年近く前だったが、彼が大阪の吉本興業が経営するパブみたいなところで歌っているというニュースが流れ、当時パソコン通信で連絡を取り合っていたソウル・ファン何人かと大阪まで出かけた。
 ショー自体はカラオケをバックに淡々と歌うというもので、我々以外の客は誰も真剣に聴いてはいない。歌ったのはソウルの定番から、B.B.Kingの"Everyday I Have A Blues"までゴッタ煮だった。
 ショーが終わってから、彼をソウル・バー「Marvin」に連れ出し、片言の英語でいろいろと話をした。
 なんと4人組のTruthのライブ映像(Soul Train出演時のものとは違ったような----)のビデオ・テープを持参していて皆でそれを観たことも覚えている。
 正直なところスターさんらしいカリスマはまったくない、ただのおじちゃんみたいだったが、その分、人は良さそうだった。エビスの缶ビールをちびちびと飲んでいた姿が懐かしい。

 彼にとってはオージェイズのアルバム制作に関わったことが誇りのようだったが、もちろんそれは認めつつ、僕らにとってはTruthでの熱唱、そしてこのソロ・アルバムにこそ貴方の華があるんだということを伝えたかった。僕らのつたない英会話では難度の高いことだった。まあそこはSoul To Soulってことで。

 さあ、もうあと少しで、彼のアルバムがまともな音質で聴ける。PS3やWiiの販売行列に並んでいる場合じゃないぞ。

|

« 1975年最新のAtlantic Soul | Main | 宿願達成! Skindeep »

Comments

うひょ~~~!
マジッスか?
ずっと聴いてみたいと思っておりました。
これは買わないとなあ~~~。

Posted by: よしき | November 27, 2006 at 12:10 AM

Larry Hancockね~
90年代半ば頃ですか一時話題になりましたね。
S.O.U.LのLPがCDリイシューされたのが1996年で当時は私はLarry Hancockなんてまるで知らずへんなインストをつかんじまったな、、、って思った次第。
その後(だと思うけど)件の出演事件があってちょっとした騒ぎになってそのCDを聞きなおしてみたのですがディープな声は確認できず(というか全部聴き通せない)はがゆい思いをしたものです。

よくよく探してみたら1984年頃買ったKentのLPにS.O.U.L featuring Larry HancockなるOn Top Of The Worldを発見し、ちょっとその片鱗に接することができました。その後、やはりKentからのCD "Kent’s Magic Touch"に上記の曲とThis Time Aroundが収録されたのが1997年。
それっきりまたオブスキュアの闇の中に消えてしまった?のですねえ。

Posted by: frisco | November 27, 2006 at 05:22 PM

>friscoさん

S.O.U.L.には2枚のLPがあり、ラリーが参加しているのは2ndです。
黒っぽいジャケットに5人が写り、スティービー・ワンダーの"My Cherie Amor"をカバーしている(これは曲の最初から歌っています)。
もしかして、お聴きになったのはラリーが参加していない1st"What Is It"では?

Posted by: Sugar Pie Guy | November 27, 2006 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12838263

Listed below are links to weblogs that reference 快挙CD化 Larry Hancock:

« 1975年最新のAtlantic Soul | Main | 宿願達成! Skindeep »