« これが最後? The Originals | Main | 至高の愛 E.J.Johnson »

メロウ良盤 Freddy G.

Freddyg あっという間に10年という気がする。このCDを聴いたときの驚きはつい最近のことのように覚えていたのだが---。

 フレディG.なる男、元ジ・オリジナルズのフレディ・ゴーマンだという。そうだとすれば相当な歳でしょ。オールディーズ回帰の浪花節だろう----そんな予想を見事に覆す、メロウでスウィートな、充分現代的なアルバム。

It's All About Love Freddy G.(Rene Records RR1279) -1997-

 フレディ・ゴーマンは名シンガー(それはたとえば、ドラマティクスにおけるレニー・メイスのような存在)であると同時に、ライターとしても優れた才能を持っている。

 彼の作った最大の有名曲が、マーベレッツが歌った古典「プリーズ・ミスター・ポストマン」。

 というわけでこのアルバムの冒頭の"F.G.'s Theme"はメロウなサウンドに載せ、女性MCが彼の業績を語っていく。先の「プリーズ~」を歌ったビートルズやカーペンターズ、そしてオリジナルズとは因縁浅からぬマーヴィン・ゲイなどの名を挙げていく。

 このパターンは"Back N' Tha' Day"という曲でも使われており、こんどはフレディ自身によって、かってのソウルの時代の仲間の名を読み上げていく。ジョニー・ブリストル、ラモン・ドジャーら、どちらかと言えばフレディと同じような位置でモータウンと関わりあった人々の名も挙げられていくのが興味深い。

 懐古的なネタを先に書いてしまったが、そんなソウル親父の郷愁などなくても、優れた楽曲が続く。ライターという才能を持つがゆえに時代を超えた調和ができるのだろう。

 マーヴィン・ゲイの"Good Is Love"をカバーしているが、これが実にマーヴィンのマナー。続く自作の"God Is Good"がアンサー・ソングになっている(と思う)構成もぐっとくる。

 アルバムとしてまとまった傑作とまでは持ち上げないが、スウィート・マナーのたっぷりつまったメロウ良盤なのは間違いない。

 長々と続いたThe Originalsネタもとりあえず今日でおしまい。初期のアルバムは?あるいはモータウンで次々と発掘されている未発表曲は?それはまたいつかの機会に取り上げよう。

|

« これが最後? The Originals | Main | 至高の愛 E.J.Johnson »

Comments

あーこれいいッスねえ。
これを聴いてからオリジナルズを聴きました(笑)。

Posted by: よしき | November 05, 2006 at 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12561758

Listed below are links to weblogs that reference メロウ良盤 Freddy G.:

« これが最後? The Originals | Main | 至高の愛 E.J.Johnson »