« 至高の愛 E.J.Johnson | Main | アナログCD化談2 UA-4FXで取り込み »

追悼 内山田洋とクールファイブ

Coolfive 本日「ソウル一日一枚」は休業。亡くなった内山田洋さんを追悼する。

 実は僕には隠れた趣味がある。日本のムード歌謡のコーラス・グループのレコードを集めること。

 ただし集めるだけ。殆ど聴いていない。ジャケットを眺めるのがもっぱらの目的。

 揃いの白いラペルの大きいスーツに身を固めた男4人。頭はパンチパーマだったりする----というのが、ソウルのコーラス・グループの立ちポーズと似たムードを醸し出す。

 嬉しいことに、こうしたレコードは中古市場ではすこぶる安い。1枚20円ということがあったりする。
 いつかジャケットをスキャンしてWeb公開したいと思っているのだが、なかなかそんな暇がない。

 さて、そんなわけで内山田洋とクールファイブも何枚か持っている。
 でもあんまり多くはない。やっぱりマイナーなグループに惹かれちゃうんだな。

 そのなかで、珍しくアルバムで持っているのが今日紹介する「ふれあいの時」。

 1976年の作品で、なんと、ニューミュージック(死語だねぇ)のカバー集。


心もよう
「いちご白書」をもう一度
あの日にかえりたい
俺たちの旅
夢の中へ
シクラメンのかほり
竹田の子守唄
精霊流し
青空、ひとりきり
22才の別れ
神田川
想い出まくら

 どうです。これを前川清が、あの伸び上がる声で歌うんですよ。クールファイブがバック・コーラスをつけるんですよ。聴きたいでしょ?

 ちょっとしたくすぐりネタとして、このLP(もちろん未CD化)を自分でCDにして、いろいろな人に聞かせた。受けるんだよね~。ほら、聴きたいでしょ?

 内山田洋とクールファイブ、そして前川清の関係は、即ちハロルド・メルヴィン&ブルー・ノーツとテディ・ペンダーグラスの関係。そう言えばハロルド・メルヴィンも既に故人だな。

 あんまり追悼になっていないけれど、今夜はまた「ふれあいの時」を引っ張り出して故人を偲ぶとしよう---聴きたいでしょ?

|

« 至高の愛 E.J.Johnson | Main | アナログCD化談2 UA-4FXで取り込み »

Comments

内山田洋は「東京砂漠」のソングライターだったんですね。
で、アルバムですが・・・。

心もよう
「いちご白書」をもう一度
俺たちの旅
シクラメンのかほり
竹田の子守唄
精霊流し
22才の別れ
想い出まくら

このあたりは前川清の声質にあってるような気がします。

あの日にかえりたい
夢の中へ
青空、ひとりきり
神田川

このへんはちょっとキツイ気が・・・。
あと、コーラスがどういう風につけられているのかが気にかかります。
バッキングの演奏もどうなってることやら。

Posted by: よしき | November 08, 2006 at 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12595449

Listed below are links to weblogs that reference 追悼 内山田洋とクールファイブ:

« 至高の愛 E.J.Johnson | Main | アナログCD化談2 UA-4FXで取り込み »