« 寄席気分も終わり? Chicago Gangsters | Main | 1975年最新のAtlantic Soul »

好き好き四半世紀 The Spiders

Spiders 実家で古い写真を発見した。自分の写真なのだが我ながら面白いので、今日はそれをネタにチャック・カーボ率いるスパイダースを取り上げる。

 1981年に撮ったもので、当時入手したばかりのスパイダースのLPを手に持っている。顔は恥ずかしのでモザイクを入れておくが、こんな写真(クリックすると拡大します=好むと好まざるとに関わらず)。

1981_4

 手に持っているのはインペリアルから出ているスパイダースのLP。

I Didn't Wanna Do It The Spiders (Imperial LAX303) -1953-

 スパイダースはニュー・オーリンズのグループで、ソロでも録音のあるチャック・カーボがリード。
 ニュー・オーリンズは充実したR&B/Soulの歴史を持っているが案外とグループは少ない。このスパイダースはその実力から、彼の地のグループとしては孤高の存在。

 それはさておき。
 この写真、我ながら幼い。まだ黒人になりきっていないというか----赤のギンガム・チェックのボタンダウンシャツにコットン・パンツ、尻のポケットから数センチ、ギンガムのハンカチをのぞかせるというのが、いわゆるアイビーの流儀でした。

 ちなみに今の自分はこれですからね。
 小市民的日本人が黒人になるのには四半世紀を要するという実例。
Myown

 でてきた写真が懐かしく、久しぶりにこのスパイダースのアルバムを聴いた。デイブ・バーソロミュー制作のN.O.サウンドの、抜けたノベルティ・フレイバー。
 このなかに"Sukey,Sukey,Sukey"という曲がある。
 「好き、好き、好き」と言っているようで楽しい。
 
 というわけで、この曲をスト配信(要Real Audio)。ぜひお楽しみあれ。
 なお、小市民的日本人が黒人になるためには使用上の注意をよく読んで服用されたい。

|

« 寄席気分も終わり? Chicago Gangsters | Main | 1975年最新のAtlantic Soul »

Comments

へぇ~、Sugarさんもアイビーだったころがあるんですねぇー。
僕もそのころはトラッドでしたね。でも、かなりくずした格好してましたけど。BEAMS、SHIPSなんかによく行きましたよー。SHIPS⇒BEAMS⇒CAMPS⇒TOWERというのが当時のお決まりコースでしたね。

Posted by: masato | November 24, 2006 at 08:51 AM

LAX303というと当時シリーズで出ていた日本盤(東芝だっけ?)ですね。
僕は304のGarnet Mims ,313のIrma Thomas, 302のShirley and Lee,
301のSmiley Lewis, 309のErnie K Doe, 305のJive 5 などを買いました。
Spidersを買わなかったのはRelicというリプロのDoWap専門のレーベルで1枚持っていたからだと思います。

Posted by: frisco | November 24, 2006 at 10:20 PM

>masatoさん
人には誰も秘められた過去があるものです。
僕はビージーズのレコードを買ったことがあります(関係ないか)。

>friscoさん
Relic、ありましたね~。
あとLost-Niteという10インチ盤で、赤いビニールを使って、Doo Wopをいくつも出していたレーベルも懐かしいです。

Posted by: Sugar Pie Guy | November 26, 2006 at 11:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/12800774

Listed below are links to weblogs that reference 好き好き四半世紀 The Spiders:

« 寄席気分も終わり? Chicago Gangsters | Main | 1975年最新のAtlantic Soul »