« さようなら James Brown | Main | ロジャーから Human Body »

もう一人の男 Roger

Roger_manyfacetsof 昨夜の続き。JBとの出会いを記憶から呼び出したら、もう一人ソウル初心者の僕の前に立ちふさがった男がいたことを思い出した。そして、その男もJBも今は鬼籍にはいっている。

 ソウルを聴き始めた頃、当時最新のムーブメントと言われていたのがZappでありロジャーだった。
 どんなもんだろうと購入して、それぞれ挫折。なにが良いのかさっぱりわからなかった。

The Many Facets Of Roger Roger (Warner Bros. BSK 3594)-1981-

 ソウル/R&Bというのは生音+歌と思っていたのに、テクノみたいな音で、これは駄目だと放り出してしまった。

 JBはすぐに魅力がわかったのだが、Zappをちゃんと聴いたのは何年もたってから。
 ご承知の通り、彼らは一見テクノロジーをまといながら、リズムは人間が刻む。それがミスマッチとなり強烈なグルーブを与えるのだが、情けないことにそれを聞き取る耳がなかった。

 一回その魅力がわかると逆にはまってしまったのはJBと同じ。

 このソロ・アルバムについて言うと、Zappというグループとは表層がそっくりなので惑わされてしまうが、ちゃんとロジャーのソロとしてのアイデンティティがある。グループでできない表現がある。

 いっぽう共通しているところもある。
 それはカバー。
 グラディス・ナイト&ピップスのモータウン・クラシック「悲しい噂」を演奏している。

 Zapp及びロジャーのカバーというのは、相当に意識的なものだと思う。

○誰でも知っているソウル・クラシック
○しかも、Zappのサウンドには不向きと思われる曲

 この2点をはずさない。「えっあの曲がこんな風になるの!」というリスナーの驚きを提供することにこだわっているのだと思う。
 エンターテインメントであり、ロジャーの意地すら感じる。

 ロジャーのライブは一回観に行ったが楽しかった。名古屋の「クアトロ」だったが翌日のライブのために前泊していたのだろう、鈴木博之が会場にいたのを覚えている。


|

« さようなら James Brown | Main | ロジャーから Human Body »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13216909

Listed below are links to weblogs that reference もう一人の男 Roger:

« さようなら James Brown | Main | ロジャーから Human Body »