« 愛のテーマ Barry White | Main | ソウル一日一枚考 The 8th Day »

愛と憎しみのはざま B.B.Seaton

Bbseaton 昨日のバリー・ホワイトの続きです。

 なにがと言うと、レコードを棚にしまうときにソロ・シンガー「B」棚の隣でこいつを発見。
 20年前に買ったときに一度聴いて以来、まったく存在すら忘れていた。

 パースエイダースの"Thin Line Between Love And Hate"をカバーしている。

 ただレゲエなんですよ。

 申し訳ない。僕はレゲエの魅力が殆どわからない。

 あの"Thin Line Between Love And Hate"をスットンスットンしたリズムで歌うんですよ~、まいった。

 20年ぶりに聴きなおして、買った当時は「やられた」と腹がたってきたが、今では「わっはっは」と笑える度量を備えた。大人になったんですな。
 スウィートがテーマのレコ・コンに持って行ったら嫌な顔されるだろうな~。喜ばれたりして。

 レゲエに無知なので、歌っているB.B.Seatonについては何も知らない。大物かもしれないし、こいつも名盤なのかもしれない。レゲエ・ファンの方(読んでいないとは思うが)ゴメン。

|

« 愛のテーマ Barry White | Main | ソウル一日一枚考 The 8th Day »

Comments

ソウルのレゲエカバーもピンキリですが、これはヒドイ部類ですね。

Posted by: zouky | January 06, 2007 at 12:17 AM

Sugarさん

あけましておめでとうございます。
昨年はSOULを心から愛する師と仰げる方の
影響を受けかなり聴きまくりました。
定期的に開催されるレコ・コンにも参加したり
お皿を回してもらっています。(笑)
手が震えてターンテーブルに乗っかってる
レコードに針を落とせないんで・・・
今年もよろしく!!
上京の際はご連絡を!

Posted by: LOVE JONES | January 06, 2007 at 09:21 AM

Love Jonesさん

> 手が震えてターンテーブルに乗っかってる
> レコードに針を落とせない

「親父は中気でシビレてる」(クレイジーキャッツ「シビレ節」)ですか?

今年もよろしく。昨年末からシングルに目が行きはじめ、どうもいけません。
これは密かに師と仰ぐNさんの影響(ここで引っ張りだしてゴメンなさい)。

Posted by: Sugar Pie Guy | January 06, 2007 at 09:34 AM

zoukyさん

zoukyさんがご存じということは、これは有名(悪名?)なんでしょうか。
いや、zoukyさんは博学だから無名でも知っていますよね。

20年前、この曲名をみて震える気持ちで買って帰り、音を聴いた瞬間頭をよぎった「殺気」。
いまでは角がとれました(笑)。

Posted by: Sugar Pie Guy | January 06, 2007 at 09:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13340117

Listed below are links to weblogs that reference 愛と憎しみのはざま B.B.Seaton:

« 愛のテーマ Barry White | Main | ソウル一日一枚考 The 8th Day »