« 再評価 David Sea | Main | 3日休業案内+報告 3 Piece »

バブル期の秀作 Kiara

Kiara 日本がバブル景気に突入していく1988年のアルバム。

 もとより、このケイオラ(と読むそうだ)の連中にはバブルは関係ないが、こういう音を聴くと、なんとはなしに、あの時代の喧噪を思い出してしまう。
 生音のなかにシンセを効かせたバック。深くはないが、軽やかな歌がマッチして、ポップでアーバンでそして適度にソウルフルな秀作だと思う。
 「アーバンで」という形容がまたバブルっぽいなぁ、我ながら。

To Change And / Or Make a Difference Kiara(Arista ARCD-8533)-1988-

 ケイアラ(と読むそうだ)は、デトロイトのデュオ。グレゴリー・チャーリーとジョン・ウィンストンが歌う。

 時代のきらきらした勢いに乗った良いアルバムだと思う。
 ソウルと呼べる音楽の最後の煌めき---尤もR&Bとなってからも、ブラック・ミュージックはいつも魅力的なわけで、今日のコメントはちょいと親父の郷愁が入ったかな?

|

« 再評価 David Sea | Main | 3日休業案内+報告 3 Piece »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13447664

Listed below are links to weblogs that reference バブル期の秀作 Kiara:

« 再評価 David Sea | Main | 3日休業案内+報告 3 Piece »