« 泣き叫ぶ Johnny Truitt | Main | オークションで勉強 The Diplomats »

長い名前 LRL and the Dukes

Lrl_and_the_dukes_browndog9010 昨日に続きレコ・コン会場で購入した7インチ。

 購入動機は、出品されているものの中では、かな~り安い部類だったのとレーベルがブラウンドッグだったこと。ブラウンドッグNYのレーベルだが、ドラマスのL.J.が在籍していたこともあるチョコレート・シロップの7インチを持っている。というか、このレーベルではそれしか持っていないので気になった。

I’ve Got To Tell You / Dubble Funk Count Willie with LRL and the Dukes (BrownDog BD 9010)-1975-

 長い文字が続いたが、LRLとデュークスはインストゥルメンタル・グループで、それにカウント・ウィリーというシンガーが参加したということ。

 カウント・ウィリーはやや高めの声ながら張りのある喉でフレーズの終わり毎にぎゅっと声をふりしぼる。典型的なディープ・シンガーで、これは大いに気に入った。"I’ve Got To Tell You"は曲も良く、リフレインをするとこと、シャウトするところ、舌を鳴らすところ(!)など歌唱のツボがありまくり。ただし、ややバックが弱いように思う。ロッカ・バラード風のピアノは最後まで歌に絡まぬままで、ちょい残念。

 B面の"Dubble Funk"はカウント・ウィリーが参加しないLRL and the Dukes名義のインスト。タイトル通りのファンクで、これは現在のガレージ・ファンク(と僕は呼んでいる)のブームには好まれるかも。

|

« 泣き叫ぶ Johnny Truitt | Main | オークションで勉強 The Diplomats »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13556494

Listed below are links to weblogs that reference 長い名前 LRL and the Dukes:

« 泣き叫ぶ Johnny Truitt | Main | オークションで勉強 The Diplomats »