« 僕でもわかるハウス? Lil'Louis | Main | 商売の邪魔はしませんが Autumn »

これは傑作では--- Stephen Bayliss

Stephaenbayliss_playforkeeps むむむ。このアルバムのどこにケチをつければいいんだろう。

 UK(だと思う)の、いまどきの黒人。
 たとえば「70年代の雰囲気はあるが、あざとい」とか、「歌が軽い」とか、そうした保留をつけるのがルールみたいになっているが、これだけの充実を前には空しい。

Play For Keeps Stephen Bayliss (SB001)-2006-

 とにかく全曲、曲がいい。アレンジもストレート。ヒップホップ臭はまったくないが、だからといって古いわけでもない。そして歌にも揺るぎがない。

 いや難癖はつけられるんですよ。生音のバックがやや弱いとか、歌に破綻がないとか。しかし、そんなことを言ってどうするのというくらい、ストレートな楽曲であり歌。

 強いて言えば、暗い面がまったくない。そうしたものを特に好む人にはやや物足りないかもしれない。
 しかし、それを踏まえても、これは優れたアルバムだと思う。

 僕にとっての2006年のベスト・アルバムはこれになるかもしれない。

|

« 僕でもわかるハウス? Lil'Louis | Main | 商売の邪魔はしませんが Autumn »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13414085

Listed below are links to weblogs that reference これは傑作では--- Stephen Bayliss:

« 僕でもわかるハウス? Lil'Louis | Main | 商売の邪魔はしませんが Autumn »