« これも奇っ怪なジャケ The New Sounds | Main | 東京転勤! Solaris »

ファンクもよし The Originals

Originals_downtolovetown 昨年はまったのがオリジナルズ。聴いているつもりで、持っていない皿があることを再認識し、少なくともアルバムのコンプリートを目指している。最近、ネットで購入したアルバムを取り上げる。

 静謐なコーラスをバックに技巧を凝らしたリードが入れ替わるというのがオリジナルズの最大の魅力だが、いっぽう豪快なファンクも悪くない。
 このアルバムは、全7曲中5曲がリズム~ファンク・ナンバー。

Down To Love Town The Originals (SOUL 749)-1977-

 ファンクとなれば、バリトンのヘンリー・ディクスンの独壇場。この人の力強さはダイナミック・フォーのジェームス・イップス並だと思う。
 フレディ・ゴーマンが手がけた冒頭の"Hurry Up And Wait"からかっこいいが、なんといってもヒットしたアルバム・タイトル曲"Down To Love Town"は傑作。

 気持ちよくこの流れが続くが、ちゃんとバラードも2曲配されている。白眉は"Sunrise"で、夢見るような構成。途中でタイ・ハンターの声が出てくるところの美しさは格別。

 7曲と少ないが、流れがよく一気に聴ける。逆に言えば、オリジナルズの力量を考えると、それが物足りないとも言える。一気に聴けるよりも「うわっなんだこれ」というひっかかりがもう少し欲しかった。そういう点でベストのアルバムとは言えないが、しかし平均点などは軽くクリアしている。やっぱり地力が違う。

 <速報>
 プライベートなお知らせだが、明日2月1日付の人事異動の辞令が出る。実は数日前に人事から「転居を伴う辞令を出すので承知おくように」という内示をもらっている。そのときに任地は教えないのがうちの会社のしきたりなので、どこに行くかわからない。
 転勤は厭わないが、「ソウル一日一枚」をどう続けていくか----ここが思案のしどころだな。

|

« これも奇っ怪なジャケ The New Sounds | Main | 東京転勤! Solaris »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13612560

Listed below are links to weblogs that reference ファンクもよし The Originals:

« これも奇っ怪なジャケ The New Sounds | Main | 東京転勤! Solaris »