« 本当に彼ら? Dynamic Speriors | Main | 濃厚な時間 James Brown »

ソウルの素養 James Brown

Iamjbtri James Brownが亡くなり、その追悼企画がいくつかある。

 「ブルース&ソウル・マガジン」の次号(2/24発売)で特集するほか、BMR誌でもJBとファンクの特集をやるそうだ。
 会社近くの本屋に行ったら、10数年前に出た自伝が文庫本になって縦積みされていた。そんなに売れるとは思えないんだが、よい機会なので購入。

 おもしろくて一気に読み終えた。

 ただしBlack Musicについての素養がないと少々きついと思う。
 たとえば次のようなエピソードがある。

 チェスのオーナーのレーナード・チェスがJBと契約しようと飛行機をブッキングしたが、積雪のために便が遅れ、その間にキングのシド・ネイサンと先に契約してしまった。

 この話自体、JBが例の調子で語ることだから眉に唾つけて読むべきなのだが、話半分としても、もしチェスと契約していれば、その後のソウルの歴史はどうなったろうか、と楽しむにはチェスとキングのそれぞれの音やプロモーションやアーティスト達を知っていなければならない。

 さらに、チタリン・サーキットで競演した様々なシンガーについて、JBは語っているが、それが素晴らしく興味深い。ジョー・テックスやリトル・ウィリー・ジョン、ハンク・バラードといった人達がどんなエンターテインメントをしていたのか。
 特にむむっと思ったのはThe Vibrationsについて、JBが率いるフェイマス・フレイムスがびびるくらいの熱いステージをやっていたという回想。あのJBがそう言うくらいだから(笑)、このグループのレコーディング上の不運がしのばれてしまう。

 大きなことを書いたが、僕にしても充分な読者には達していない。ヘンリー・ストーンの名が2回(デビュー直後と、70年代と)出てくるが、この人の名が印象深いのは一昨年あたり前から出ているCDに名が冠してあるからで、それまでは知らなかった。
 きっと10年度に再読したら、さらに興味が増していることだろう。

 だが一番知っておくべき素養というか常識はJBの人柄。
 相当苦労して聞き出している(自伝と表現したが、聞き語りである)とは思うが、二三割は怪しいと思ったほうがいいだろう。

 一番傑作だったのは、税金の未払いで国税局から追徴されたときの言いぐさ。
 自分は小学校に一時期通っただけだ。国からなにもしてもらわず社会に放り出された。税金を支払うのは学校を出た人だけのはずだ----と、意見というより勝手に断定しちゃってる。

 さすがJB!

※文庫本全体画像↓
Iamjb

|

« 本当に彼ら? Dynamic Speriors | Main | 濃厚な時間 James Brown »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13916943

Listed below are links to weblogs that reference ソウルの素養 James Brown:

« 本当に彼ら? Dynamic Speriors | Main | 濃厚な時間 James Brown »