« Curtis! ポンタ & 房之助 | Main | 美メロ!! Parkes Stewart »

Ray! Curtis! ポンタ & 房之助

Pontafusa_ray 昨日紹介した企画物の第二弾。こんどはレイ・チャールズのカバー。

 時にはスモール・コンボの楽団を従え前作とは趣が異なる。近藤房之助の声質もレイの歌にはあっている。
 ただ僕はカーティスのほうにミスマッチの魅力を感じた。安心して聴けるこちらのほうが良いという意見もあるだろうし、両方とも意欲作という点は共通している。

 興味深いのは、レイのAtlantic時代の曲よりABC時代の曲のカバーのほうが多いこと。
 なっていったってR&Bシンガーの魅力はAtlantic時代でしょ、アーメット・アーティガンの見識があってこそレイの個性が引き出された----なんてお題目を唱えているのは狭いソウル・ファンだけで、普通に考えれば当たり前なんだろうな。
 ただ、おかげでレイの自作曲は数曲しかない。そんなことは二人はとうに承知の筈で、つまりこれはシンガーとしてのレイ・チャールズへのトリビュートなんだろう。

I Can't Stop Loving You
Unchain My Heart
Hit The Road Jack
I Don't Need No Doctor
Here We Go Again
Feel So Bad
Hallelujah I Love Her So
Bye Bye, Love
Drown In My Own Tears
ONE Mint Julep (Instrumental)
Come Rain Or Come Shine
The Jealous Kind
Fever
Mess Around
What'd I Say
Georgia On My Mind
I Can't Stop Loving YOU (Endroll Version)

 エバリー・ブラザースの"Bye Bye Love"をレイ・チャールズがカバーしたものを、さらに二人が。同じくクローバーズの"One Mint Jullep"をレイ・チャールズがカバーしたものを、さらに二人が(これはインスト曲なんで近藤房之助はギターだけだが)。

 以上、昨日との二作、なかなか楽しませていただきました。再度、これを教えてくれたABちゃんに御礼を申し上げる。

|

« Curtis! ポンタ & 房之助 | Main | 美メロ!! Parkes Stewart »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13945742

Listed below are links to weblogs that reference Ray! Curtis! ポンタ & 房之助:

« Curtis! ポンタ & 房之助 | Main | 美メロ!! Parkes Stewart »