« 勢いがあるよね Lionel Richie | Main | 本当に彼ら? Dynamic Speriors »

謎の音源 Whatnauts

Whatnauts_corruption 2004年に突如出てきたホワットノウツのアルバム。

 この時期、僕の記憶では先に海の向こうで、エボニーズとソウル・ジェネレーションがリリースされ、その版権をP-Vineが得て、さらにこのホワットノウツとダイナミック・スペリオアーズが出た。(僕の思い違いで、ホワットノウツたちも先に向こうでリリースされていたのかもしれないが)

 この4枚のなかで、抜群に内容が良いのがこのホワットノウツなんだが、しかし謎が多い。

Corruption Whatnauts (P-Vine PCD-24136)

 音源を出してきたのはトニー・キャメロ。ベンチャー・レーベルのオーナーだった男。

 抜群に内容が良いと記したが、それもその筈、ホワットノウツがStangを離れたから録音を残したGSFでのシングルを含んでいるし、すべてその時期の録音だと思われる。これは悪かろうはずがない。

 まず最初の謎は、すべての曲のライター・クレジットがトニー・キャメロになっていること。そんなことがあるわけがない。GSFのシングルにはちゃんとクレジットがあり、甘茶職人たち(ジョージ・カー、ポインデクスター兄弟他)の名が記されている。スウィート・ソウル・ファンには先刻お馴染みの曲調であり、これがディスコかぶれ(失礼)のトニー・キャメロの筈がない。

 これだけだったら、版権関係がいい加減で「言った者の勝ち」という、ブラック・ミュージックにはありがちな話なのだが、収録されているシングルのトラックダウンが異なっている。具体的には4曲含まれているシングル曲がそれぞれエンディング部のフェードアウトが長いのだ。5秒とか10秒じゃない、曲よっては50秒も長い。

 さらに未発表曲も粒が揃っている。おそらくこれはGSFで出るべきアルバムの録音で、そのマスターの権利をちゃんとトニー・キャメロが持っているということ。ライター・クレジットも詐欺ではなく、トニーがお金でクレジットごと買ったのかもしれない(70年代ソウルではあり得そうな話)。

 スウィート系のグループというのは星の数ほどいるが、このホワットノウツは最右翼の一つ。あまりに悶々と激しくむせび泣くかのようなシンギングは、おいそれと聴くことはできないほど。ちょいとBGMに、などという情緒的なリスニングを否定している。
 ポピュラー音楽としての本末を転倒しているような作りなのだが、それにハマると抜けられない。だからソウル・ファンを続けているんだよね~というわけで、スウィート好きであれば絶対に避けられない2004年リリースの珍盤。

|

« 勢いがあるよね Lionel Richie | Main | 本当に彼ら? Dynamic Speriors »

Comments

やっと出してくれましたね! Whatnauts,,,
これは70sの録音ですか? 場所はNJ?

ついでにDynamic Superiorsのほうも頼んます。

Posted by: frisco | February 11, 2007 at 04:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/13868547

Listed below are links to weblogs that reference 謎の音源 Whatnauts:

« 勢いがあるよね Lionel Richie | Main | 本当に彼ら? Dynamic Speriors »