« mix違うよね The Dynamics | Main | パクリもまた良し Brothers By Choice »

81年のAOR Stevie Woods

Steviewoods 駅前中古レコード屋で見つけたお皿。

 有名な盤でジャケットも見知っていたが、これまで縁がなかった。ミントに近い日本盤が、牛丼一杯くらいの値段だったので迷わず購入。

Take Me To Your Heaven Stevie Woods (Cotillion SD-5229)-1981-

 へぇ、コティリオンから出ているんですね。このレーベルが80年代まで活動していたことすら知らなかった。ダイナミックスとか、オーティス・クレイとかのイメージしかなかったので。

 内容は明るいブラコン。"Steal The Night"が大ヒットしたそうだ。ハーモニカではじまるイントロというのがなんとも懐かしい。80年代の一時期、けっこうありましたね。

 話題になったのは強力なバックで、レイ・パーカーJr.、スティーブ・ルカサー、ジェームス・ガドソンなど僕でも知っているミュージシャンの名がクレジットされている。

 さらに一曲目のFly Away"は、キャロル・ベイヤー・セイガー、デビッド・フォスター、ピーター・アレンが竹内まりやのために書き下ろした曲がオリジナルだとか。持っている筈なので聴き比べてみよう。

 肝心の歌はスムーズ。ひっかかりがないのが僕には残念だが、ひっかかると「売れない」ことが多いから本人は残念とは思っていないだろう。

 おもしろいのは当時の邦題。下に並べてみよう。

"Take Me To Your Heaven" 君のすべてを今夜
"Through The Years" 時が過ぎて
"Wanna' Be Close To You" 君に近づきたくて
"Read Between The Lines" 心の余白
"Trow A Little Bit Of Love My Way" 忘れじのバラード
"Gotcha" ガッチャ

 直訳あり。適当なものあり。そしてガッチャありだ。

|

« mix違うよね The Dynamics | Main | パクリもまた良し Brothers By Choice »

Comments

AOR・ブラコン系ではチョー大名盤ですね。僕も当時よく聴きました。
“Take Me To~”はWilson Brothers、“Wanna Be~”はRene&Angelaだったんじゃなかったかな~。

このテの白人よりのAORっぽいブラコン皿は、僕のブログでは「ブラックAOR」と言ってます。

Posted by: masato | March 18, 2007 at 05:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14289690

Listed below are links to weblogs that reference 81年のAOR Stevie Woods:

« mix違うよね The Dynamics | Main | パクリもまた良し Brothers By Choice »