« ソウルの季節か? Donnie Ray | Main | マービン忌 E.J.Johnson »

ボーナス入り Act 1

Act1wuthbonus Act 1の唯一のアルバムが新しくCD化された。

 その昔、日本のセンチュリーでCDになっているが、今回はボーナストラック(not on LP)3曲を追加。そして聴き比べたわけではないが、ずいぶん音が良くなったように思う。

Act 1 Act 1 (Southbound CDSEWM 145)

 このグループは、テリー・ハフ&スペシャル・デリバリーの母体と言われることがあるようだが、よくわからない。Act 1のジョージ・パーカーがスペシャル・デリバリーに参加しているのは確かだが、それだけだったら単にメンバーの過去の遍歴というだけだし。

 そんなことが気にかかるのはAct 1の資質がスペシャル・デリバリーとは相当違うからだ。彼らはスウィート・ソウルというより、ミディアムからダンサーに強みを発揮する。

 この時期のSpringの音はその手本をデトロイトのInvictus/Hot waxにおいていたらしい(最近出たミリー・ジャクソンのCDのライナーにそういう記述があるとfriscoさんから伺った)。当時の世の中がフィリーに草木もなびき、N.Y.でもワシントンD.C.でも疑似フィリーという音が多いなかで、まこと卓見、よくやったという気がする。

 特にこのAct 1の音はその気配が濃厚で、ブラインドで聴かされたら、これInvictusじゃないのという曲もある。
 今回の音がよくなったCD(以前のCDが手元になく、あくまで感想ですが)で、その気分はさらに加速し、こんなに良いアルバムだったっけと再認識している。

 not on LPの3曲も好調----ただ、少なくとも2曲は聞き覚えがある。ひょっとして以前のセンチュリー版CDにも入っていたのか、ほかで聴いたのか。
 なお、今回のCDにも収録されていない曲に"Didnt Love Me Anyhow"がある。
 
 

|

« ソウルの季節か? Donnie Ray | Main | マービン忌 E.J.Johnson »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14467102

Listed below are links to weblogs that reference ボーナス入り Act 1:

« ソウルの季節か? Donnie Ray | Main | マービン忌 E.J.Johnson »