« こんなに未発表曲が! Mystique | Main | ソウルの季節か? Donnie Ray »

Be My Girl  Michael Henderson

Michaelhenderson 僕のフェイバリットがドラマティックスであるのは折りにつけ公言している。

 コーラス・グループとして屈指の実力を長年に渡り維持しつつも、常にソウルの本質とも言える猥雑さを失わず、お上品にならない。
 彼らにかかればオリジナルだけではなくカバーも光輝く。時としてオリジナル以上に仕上がることすらある。

 その有名な例が、"Me And Mrs.Jones"だろう。ビリー・ポールのオリジナルもスウィートだが、ドラマティックスの手にかかると、こってりと暑苦しい。
 最近の僕の無知をさらけ出した事件(ホール&オーツの有名曲のドラマティックスによるカバーを、彼らがオリジナルと錯誤した→くわしくはこちら)も耳に新しいというか頭が痛い。

 そしてさらにオリジナルを遙かに凌駕したのが、アルバム"Joy Ride"に収録された"Be My Girl"。これはドラマティックスのABC時代の代表曲といっていい。

 前置きがドラマティックスの話ばかりになったが、その"Be My Girl"のオリジナルが今日紹介するマイケル・ヘンダーソン。

 どちらかといえばフュージョン畑の人で、ジャズの帝王マイルス・デイビス、ノーマン・コナーズ、レジー・ルーカスらとつながりがある。ブラック・フュージョン界では王道を歩んだ人物。
 ソロ・シンガーとして何枚かのアルバムがあるが、"Be My Girl"は76年の1st"Solid"(Buddah)に収録されている彼の1stシングル。

 美しく妖艶な曲である。ただドラマティックスのカバーを聴いてしまうと、どうにも物足りない。マイケル・ヘンダーソンは、シンガーとしては正直なところ弱い。
 しかし才人であるのは間違いなく、今日紹介するブッダ時代のベストCDはなかなかに聴きごたえがある。

The Best Of Michael Henderson (BMG BVCM37060)

 このCDは日本編集。全15曲、ダンサー、ミディアム、バラードとソウル・フィーリングに溢れている。

 彼自身もカバーに挑戦しており、ジェリー・バトラーの"Never Gonna Give You Up"はなかなかの出来だ。

|

« こんなに未発表曲が! Mystique | Main | ソウルの季節か? Donnie Ray »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14461593

Listed below are links to weblogs that reference Be My Girl  Michael Henderson:

« こんなに未発表曲が! Mystique | Main | ソウルの季節か? Donnie Ray »