« 僕のアイドル Lew Kirton | Main | 無人島候補 The Impressions »

これが裏ジャケか Larry Hancock

Larryhancock 泣く子もだまる、レア盤。ラリー・ハンコックのソロ作"Boaderline"めでたくVividからCDになった。

 内容については、さるコレクターの方から頂いたダビングしたカセットテープで聴いていたが、リマスターされた良質の音で聴くことができる。果報は寝て待てというが、何千日も寝ていた甲斐があった。

 以前にも書いたことがあるが、僕はラリー・ハンコックと会ったことがある。
 彼が来日して大阪のパブで歌っているというので、知人と連れだって観に行き、ステージがはねた後、心斎橋近くのソウル・バー「マービン」で彼と飲んだ。
 もう10年も前のことだが、当時既に彼は「冴えないおっさん」だった。このソロのジャケットのアーバンな感じは微塵もなかった。

 このアルバムは非常に良質なブラコンである。これだけのものがなぜインディなのか。しかもフランスでリリースされた----という評価とレア度があいまって、とんでもない高値になっていたのだが、ブラコンは好みではないというソウル・ファンには、ちと苦しいかもしれない。

 僕も正直なところ、このソロ作より、彼が在籍していたTruthのほうが好きだ。Truthはアルバム、シングルがそれぞれ一枚づつあるが共に必聴だと思う。

 ただし、こうしてCDになり普通の値段で買えるようになった今こそ、聴いておくべきものとして強調したい。僕のフェイバリットは"Celebrate Love"。

 ところで今回のCD化で一番興味深く感激したのが裏ジャケット。
 表のジャケットはさまざまなところでお目にかかったが、裏を眺めたことははじめてだった。なるほど、こんなふうになっていたのか---。
 というわけで裏ジャケをお見せしておく(クリックすると拡大します)。

Larryhancock_back

|

« 僕のアイドル Lew Kirton | Main | 無人島候補 The Impressions »

Comments

懐かしい話ですね。
あの時ラリーは本当にいいおっさんで
何でわし、こんな遠い日本のしかもコテコテの
大阪ミナミで歌っているんやろ・・・
見たいな感じで哀愁漂ってましたね
確か、バブルの良いときでデッセジェニー(銭でっせ)
ちゅう吉本の店でしたね
あの時はよく飲み、行動したなーーー
Sugarさんが東京に2回目の単身で来られて
お会いしていないので近いうち是非!!

Posted by: LOVE JONES | March 22, 2007 at 08:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14346181

Listed below are links to weblogs that reference これが裏ジャケか Larry Hancock:

« 僕のアイドル Lew Kirton | Main | 無人島候補 The Impressions »