« 見直した Willis Dempo | Main | これが裏ジャケか Larry Hancock »

僕のアイドル Lew Kirton

Lewkirton_dowhat ルー・カートンは大好きなシンガー。もしかしたら、その実力以上に好きかもしれない(失礼)。

 Invitations時代の血を吐くような唄いかたも良いが、ソロになってからのスケールの大きな(これについては好みがあるかもしれない)歌唱が好きだ。

 再近作も含め3枚のソロLPがあるが、そこに未収録なのがこれ。

Do What You Want,Be What You Are / Come On With It Lew Kirton (Marlin 3311) -1977-

 ドラマティックスのカバー。
 トゥー・マッチな曲だが、ルー・カートンが歌うと、その広い懐に包まれるようだ。

 なおこの曲は現在英国で出ている彼の1st LPのCDリイシューにボーナスとして含まれているので、今となっては聴くのは容易。

|

« 見直した Willis Dempo | Main | これが裏ジャケか Larry Hancock »

Comments

ドラマスのカヴァーではなく、ホール&オーツの大ヒット曲ですぞ。。 わはは。。

Posted by: Naoya | March 22, 2007 at 09:57 AM

> Naoyaさん

そうなんですか。作者がホール&オーツというのは知っていて、彼らがドラマスのために書いた曲だと思っていた。
う~ん、R&B/Soul以外に聴かない、知らないという僕の弱点がさらけ出されてしまいました。
こういうことを教わっただけ、ブログに書いた意味はありましたね~。
これからもご教授よろしくお願いします。

Posted by: Sugar Pie Guy | March 22, 2007 at 10:15 AM

ドラマティックスもホール&オーツも
この曲「Do What You Want,Be What You Are」を
取り上げていますから
別に表記としては間違っていないんじゃないでしょうか??

ドラマティックス坂はこちらで聴けますよー!
http://www.amazon.co.jp/Shake-Well-Best-Dramatics-1974-1980/dp/B00000DD2A

Posted by: Kenny U | July 01, 2007 at 07:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14331704

Listed below are links to weblogs that reference 僕のアイドル Lew Kirton:

« 見直した Willis Dempo | Main | これが裏ジャケか Larry Hancock »