« ミスタードラゴン Oriental Express | Main | こんなものまで(笑) Piranha »

Paula/Jewel Roscoe Robinson

Roscoerobinson_heavenlysoulmusic 改めてこのCDを聴き、ロスコー・ロビンソンの魅力の前にひれふしている。

 ロスコー・ロビンソンは、たくさんのレーベルを渡り歩いている、このCDの元となったPaula/Jewel以外に、Wand(ディストリビュートしているだけでオリジナルは彼自身のレーベルGerriだそうだ)、Sound Stage Seven、Atlantic、Fame----。
 しかし、シングル単位での小ヒットはあったものの、その当時にはオリジナル・アルバムを一つも残していない(注:ソウルでは。ゴスペルのアルバムはある-後で触れる)。
 ソウル・シンガーとしてピュアであり過ぎた故の不運、月並みな形容だが、そう表現するしかない。

 それを埋めるべく日本では何枚かの編集LPが編まれてきたが、昨年出たこのCDは質量共に凄い。冒頭に記した通り、まさにひれふすしかない。

Heavenly Soul Music Rosoe Robinson (P-Vine PCD-24176)

 良くも悪くも、このPaula/Jewel録音のバックのサウンドは軽い。ここで言う軽さとはサザン・ディープ・ソウルの神髄とも言えるFameやGoldwaxの歌と密接に絡むようなサウンドに比してのことだが、それが悔しいときもあれば、かえって彼の歌の魅力をストレートに伝えるときもある。

 たとえば"You Qualify"。ボビー・パタースンが制作したシェリブポート録音だが、そのミスマッチさが得がたい魅力となっている。これはスウィート・ソウルと言って良いのではないか。
 このほかバラードはもちろん、ファンキーなリズムであっても、ロスコーのゴスペルで鍛えた強靭な喉と、伸びる高めの声は素晴らしい。

 さらにこのCDには彼が残したゴスペル・アルバムがそのまま収録されている。もちろん、これも素晴らしいとしか形容できない。

 やったぜP-Vine。こんなCDを世界に向けて発信してくれたことを日本人として誇りに思う。

|

« ミスタードラゴン Oriental Express | Main | こんなものまで(笑) Piranha »

Comments

私もつい最近、何を思ったかロスコーの手持ちを調べてみたら、意外とCDを持っていないのに気づき、手持ちのアナログをデジタル化しました。
P-vineのWand録音のLPにCharlyのSS7録音。さらにPaulaやSS7のシングル、それと地元?のシカゴConstellatonのシングル(ゴスペル)などがありました。
確かに不器用ながら心に沁みる歌手ですね。
ところでこの人ってWillie Mitchellの弟だという説がありますよね!ないか、、、

Posted by: frisco | March 07, 2007 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14180904

Listed below are links to weblogs that reference Paula/Jewel Roscoe Robinson:

« ミスタードラゴン Oriental Express | Main | こんなものまで(笑) Piranha »