« 脱力ディスコ004 シカゴ・バス・ストップ | Main | 2枚目にして最後? Process And The Doo Rags »

脱力ディスコ005 Van McCoy

Vanmccoy_discobaby 脱力ディスコにカテゴライズしてしまったが、天下のヴァン・マッコイが脱力系だと断じているわけではない。邦盤が脱力なのだ。

 ジャケット画像をクリックすると拡大するので拡大画像でよく確認してほしいのだが、このレコードにはこう片仮名で書かれている。

ディスコ・ベイビー / ゲット・ダンシン ヴァン・マッコイとスタイリスティックス・オーケストラ

 曲名はよいとして、これは画像では小さすぎて読めないかもしれないが、実際のアーティスト名は次の通り。

Van MacCoy & The Soul City Symphony

 たしかに、ディスコ・ベイビー(Disco Baby)はこちらがオリジナルながら、スタイリスティックスのバージョンでもヒットしている。聞き比べてはいないがバックの演奏は同じ(あるいは演奏者が同じ)なのかもしれない。

 しかし、ザ・ソウル・シティ・シンフォニーと名乗っているのに、勝手にスタイリスティックス・オーケストラと名を変えてしまうのは失礼に過ぎないだろうか。

 さらにこれが脱力感を伴うのはそれになんの意味があるの?という疑問が払拭できないことだ。当時人気絶頂のスタイリスティックスにあやかったのかもしれないが、それで売上があがるとは思われない。「あのハッスルのヴァン・マッコイ」で充分に通じた時代でもあるのだから。

 だが、しかし、これこそがソウルではないか。むしろ中身の音楽そのものより、よっぽどソウルっぽい(こっちの表現のほうが失礼だな)。

|

« 脱力ディスコ004 シカゴ・バス・ストップ | Main | 2枚目にして最後? Process And The Doo Rags »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14575126

Listed below are links to weblogs that reference 脱力ディスコ005 Van McCoy:

« 脱力ディスコ004 シカゴ・バス・ストップ | Main | 2枚目にして最後? Process And The Doo Rags »