« 2枚目にして最後? Process And The Doo Rags | Main | 90年代の最高作<本命> Keith Sweat »

90年代の最高作? Keith Sweat

Keithsweat_nobody 山下達郎のファンクラブの会報誌の最新号を読んでいたら、興味深いことが記されていた。

 彼へのインタビューなのだが、そこで各年代の彼のファイバリットがあげられている。

60年代 Pet Sounds / The Beach Boys
70年代 There's No Place Like America Today / Curtis Mayfield
80年代 Grand Slam / The Isley Brothers
90年代 Nobody / Keith Sweat

 ふ~んと読んでいたのだが、ちょっと待てよと。これってアルバムを選んでいるんだよね---キース・スウェットにそんなアルバムあったっけ?

 僕の知る限り、"Nobody"は"Twisted"で有名なアルバムの収録曲。ただしシングルになっていて、4バージョンの入ったこんなやつが出ている。

Nobody Keith Sweat (ELEKTRA EKR233CD)-1997-

 名曲なのは言うまでもなし。収録されているミックスにはびっくりするようなものはないが"Vybe 97' Mix Part II"はなかなかメロウでいい。

 達郎のファイバリットの疑問点に戻ると、特にアルバムとは定めずこれだけ曲を選んだのか。それとも僕が知らないだけでそういうアルバムがあるのか。

 そんな疑問を抱きつつも久しぶりにキース・スウェットを、というより彼に熱い思いを抱いていた頃のことを思い出してしまった。やはり僕も90年代から一枚となったらキース・スウェットを選んでしまうかも。

※Nobodyを含む別なマキシCDがある。明日はそれを取り上げる。

|

« 2枚目にして最後? Process And The Doo Rags | Main | 90年代の最高作<本命> Keith Sweat »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14661386

Listed below are links to weblogs that reference 90年代の最高作? Keith Sweat:

« 2枚目にして最後? Process And The Doo Rags | Main | 90年代の最高作<本命> Keith Sweat »