« テクノロジーの力 古今亭志ん生 | Main | ソウルのいろは ABS's Of Soul vol.2 »

ソウルのいろは ABS's Of Soul vol.1

Abc_1 「ソウルのABC」と題された小憎いタイトル。もちろんABCレーベルのコンピレーション。

 しかしそのタイトルに偽りがないほど、このレーベルは厚みがある。ノーザン・ソウル、スウィート・ソウル、サザン・ソウル、ファンク、そしてブルース、ゴスペルまでなんでもござれだ。
 ソウル初心者必聴、というわけでまさに僕にうってつけの内容。1996年に合計3集が出ているのだが、案外とこのシリーズで初CD化という音源も多かったんじゃないかと思う。 

 第一集は1961年から69年までの音源が集められている。まずは収録曲を書き出す。

ABS's Of Soul vol.1 various (ABC HIPD-40009)

Gypsy Woman / The Impressions
My Time For Cryin' / Maxine Brown
What Kind Of Fool (Do You Think I Am?) / The Tams
Call On Me / Bobby "Blue" Bland
Funny (How The Time Slips Away) / Joe Hinton
Hey Girl Don't Bother Me / The Tams
I Do / The Marvelows
Eight Men Four Women / O.V. Wright
We're A Winner / The Impressions
In The Morning / The Marvelows
I'Ve Been Loving You Too Long / Ike & Tina Turner
Hey There Lonely Girl / Eddie Holman
The Thrill Is Gone / B.B. King
The Hunter / Ike & Tina Turner

 この時期のABCを代表するインプレッションズ、大ヒットとなるエディ・ホールマンの"Hey There Lonely Girl"(ルビー&ザ・ロマンティックスのカバー)。ベテランのボビー・ブランド、アイク&ティナ。そして忘れちゃいけないジョー・ヒントン(素晴らしいねぇ)。
 さらにマーベロウズの"In The Morning"は、インプレッションズ・スタイルの佳曲。僕はこういうのに弱いんだ。
 おっと大御所を忘れていました。O.V.ライト。
 なんて豊かな顔ぶれ。
 しかし、続く第2集で、ソウル度はさらにアップする---というわけでそいつは明日。

|

« テクノロジーの力 古今亭志ん生 | Main | ソウルのいろは ABS's Of Soul vol.2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14707461

Listed below are links to weblogs that reference ソウルのいろは ABS's Of Soul vol.1:

« テクノロジーの力 古今亭志ん生 | Main | ソウルのいろは ABS's Of Soul vol.2 »