« 君に夢中 Jeffrey Osborne | Main | テクノロジーの力 古今亭志ん生 »

本年もキてます Uplook Story

Uplookstory あっと驚く発掘が続くリイシューの世界。

 そのなかでも一際ヤバいのがGrapevine。本年もやってくれました。アップルックというレーベルの発掘。フィリーにあったレーベルのようだが、ちゃんと発売されたレコードはシングルが数枚。ところが、こんなお宝音源がごっそりあったんですねぇ。

The Uplook Records Story varius (Grapevine GVCD 3033)

 フィリーといっても60年代。聴いてみるとわかるが実に微妙な時期。ツイストやホースといったダンス・ステップの時代と、ギャンブル=ハフの時代の間のミッシング・リング。
 ひとくちで言えばノーザン・ソウルなんだが、デトロイトの性急さとは異なる、やはりフィリーらしい甘さが底にある。僕は大変気に入った。

 ごっそり録音が出てきたといってもアーティストは限られる。
 まず、シングルも公式に出ているチャールス・ミンツと、デレゲイツ・オブ・ソウル。この二組の競作となる"Running Back"のズンドコ・リズムでまず一回死ぬね、僕は。
 これにトニー・タレントという子供シンガー(達者です)と、テディ・ペンダーグラス。以上4組のアーティストだけ。

 えっ、テディ・ペンダーグラス?

 そうなんです。テディの録音が3曲含まれているんです。巷ではこれが大きな話題になってます。
 ただし一曲は初出じゃない。"We Got Love"は同じGrapevineから出ている数年前に出たコンピレーション"Talk Of Grapevine"に収録されている。それを聴いたときから、いったいどんな録音なんだろうと首をかしげたものだが、ようやくこうしてネタがわかったということ。

 しかしこのテディの歌がなかなか。後年の大スターの熟した味より、この青臭い歌のほうが心に響いてくるように僕は感じる。
 ドラマーとして加入したが歌がうまいのでリードに抜擢されたというハロルド・メルヴィン&ブルーノーツでのテディのストーリーはもしかしたら伝説に過ぎないのかもしれない。

 いやあ今年もGrapevineから目が離せません。素晴らしい仕事です。

|

« 君に夢中 Jeffrey Osborne | Main | テクノロジーの力 古今亭志ん生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/14694786

Listed below are links to weblogs that reference 本年もキてます Uplook Story:

« 君に夢中 Jeffrey Osborne | Main | テクノロジーの力 古今亭志ん生 »