« 同じ曲違う曲 I'm In Love | Main | 20曲入り The Persuaders »

レコードコレクターズ 70's Rock

Recocolle0706_1 先月号に続き「レコード・コレクターズ」誌が25周年特集。今月は70年代ロック・アルバム・ベスト100。

 1位がセックス・ピストルズ(持っている!リアル・タイムに買ったのよ。でもなにが良いのかよくわからなかった---)。2位ニール・ヤング、3位ジョン・レノンと持っていなくて、4位のキャロル・キング「つづれおり」はさすがに持っている。

 上位がこんな程度だから100枚のうち持っているのは20枚ない。なんともひどい惨状。
 つまり一般的な「洋楽ファン」というのには僕は入れてもらえないんだよね。

 いくらなんでもこれではソウル/R&Bを聴くのにも差し支えるので、これをガイドとして少しづつ聴いていこうと思う。

 ロックという視点で選ばれているので、ソウル/R&Bは殆どない。スライ&ファミリー・ストーンが2枚選ばれているだけ。
 ただ、これはこれでちょっとおかしくないかという気はする。ロックとして聴かれたソウル/R&Bってもっとあると思うのだが。

 へぇっと思ったのがローラ・ニーロ。僕は彼女の代表作は「ニューヨーク・テンダベリー」だと思うが、ここでは「ゴナ・テイク・ア・ミラクル」が挙げられている。
 彼女のルーツである、ドゥーワップやノーザン・ソウルをカバーしたアルバムで、ラベル(グループ名義の頃)がサポートし、ギャンブル=ハフが制作している。確かに良いアルバムだと思う。でもこれが70年代ロックのアルバム・ベスト100に選ばれるのは「今」だからだろうという気はする。

 そのほかの記事で興味深かったのが「レコード・コレクター紳士録」。御大の金子秀氏が登場し、とっておきのネタ話を公開している。
 1960年代のある日、英国パイ・レコードの社長が来日したとき、金子さんが浅草の「今半」ですき焼きを食べさせて接待した。そのとき手渡したのが坂本九の「上を向いて歩こう」。これを気に入った社長が帰国後、ケニー・ボールに「スキヤキ」のタイトルで吹き込ませる。そのインストは英国で小ヒット、海を渡って米国に伝わり、オリジネーターの坂本九のものが全米ヒットチャートでNo.1になった。
 つまり、金子さんが渡さなかったら、世界でヒットはしなかったろうし、ソウルで言えばツイスト・オブ・ハニーがカバーすることも、メアリーJブライジがネタで使うこともなかったのだ。
 そして接待したのが「今半」でなければ、「テンプラ・ソング」や「オサシミ・ソング」だったかもしれない!これっておもしろいよね。

Recocolle0706_2

|

« 同じ曲違う曲 I'm In Love | Main | 20曲入り The Persuaders »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/15110061

Listed below are links to weblogs that reference レコードコレクターズ 70's Rock:

« 同じ曲違う曲 I'm In Love | Main | 20曲入り The Persuaders »